« 朝鮮人の野望~統一教会 | トップページ | 民主党の正体part2 »

民主党の正体

公明党や創価学会と同等に危険なのが民主党である。以下「韓国は何故反日か」から抜粋します。

民主党は、完全に中国の犬であり、日本を切り売りしようとしている。要するにソ連崩壊と同時に消えた悪名高き社会党と同様の共産思想を、今は中国を支持する民主党が継承しているのである。(※後述する)

Photo民主党の元公安委員長である岡崎トミ子議員(社会党出身)などは大胆にも韓国の反日デモに「本人自ら」参加している。産経新聞の記事によると、民主党の岡崎トミ子参院議員(宮城選挙区)の政治団体が平成13年、政治資金規正法(外国人からの寄付を禁止)に違反して北朝鮮籍で朝鮮学校の理事長と韓国籍のパチンコ店経営者から寄付を受け取り、現職の国会議員でありながら、国会会期中に、国費を使って、韓国内で行われた日本国旗を燃やす反日デモに参加したのである。Photo_2しかも送迎には、日本大使館の公用車を提供させ、その日本大使館に拳を振り上げて大声で抗議してきたという。この桁外れの図々しさをみれば朝鮮人と関わりの深い人生を歩んできたことが容易に想像できる。

そして後で問い詰められた岡崎トミ子は「反日デモとは知らなかった」などと信じられないような嘘をついた。そして民主党からは何もお咎めなしである。彼女は「売国奴だらけの旧社会党」の出身で、村山内閣時には文部省政務次官にも 就任してるのに、経歴には「元社会党員」であることを一切出さないという胡散臭い議員である。

民主党の現総理の菅直人も完全な朝鮮寄りなので、拉致実行犯の辛光洙(シン・ガンス)を支援しただけでは飽き足らず、拉致実行犯の釈放活動に熱心に取り組んでいる。この事は国会審議でも取り上げられている。理不尽な犯罪被害で家族を引き裂かれて人生の大部分を狂わされた拉致被害者とその家族たちをさらに苦しめ続ける菅直人は「金正日自身が拉致を認めた今ですら」いまだに釈明会見すらしていない。

しかも彼は、あの金正日を理想の指導者として心の底から尊敬しているという。こんな日本人とは思えない人間が総理をしているのが民主党である。

民主党の岡田克也は完全に中国寄りで、掲げた狂気の憲法案は『日本の国家主権委譲』である。

あまりに酷い提案に「信じられない」と感じる人もいるかもしれないが、民主党はこれを“本気で”新しい憲法として提案している。日本が日本という国の主権を放棄すれば、日本は中国の「植民地」どころか、日本国そのものが中国の「日本自治区」になり下がるのである。

彼らがそれらの売国的な提案を通すためにてっとり早い方法がある。

それは民主と公明が提案を続けている『人権擁護法』を通すことである。

この法案についてはここでは詳しく述べないが、あえて比喩的な表現をするなら、「日本という国の中に、日本より強い別の国を作って、日本を乗っ取るような法案」である。

これがもし通ってしまえば連鎖的に『政教分離』がなくなり、『外国人参政権』が成立する。
それにより創価や統一協会などの宗教や、在日朝鮮人などが政治に侵入することが可能になる。
そうなれば戦争をするまでもなく日本は「日本人のものではなくなる」のである。

さて、ルックスが若々しいことで一部のオバサマがたに人気(?)の民主党の新代表・前原誠司はどうだろう。

米国と協調した自衛隊の活動を認めたり、東シナ海のガス田の試掘を提案したりと“岡田とは違うということ”を全面に出すのは当然なのだが、『本音』のところではどんなことを考えている人物なのだろうか?

前原は、平成3年4月京都府議会議員選挙(左京区選挙区)において初当選。厚生労働、環境対策、同和推進副委員長、文教委員を歴任。

民主党はこの「同和推進副委員長」という経歴を代表就任と同時に削除した。

同和問題というのは要素が多く説明が難しいのだが、思い切り簡単に説明すると、「被差別者の境遇改善のための同和対策事業特別措置法(2002年に終了)などで莫大な公金が投入された同和対策事業などの行政は問題解決に効があった反面、計り知れない利権を生み、横領などの不正、腐敗の温床になった」というもの。

もっと大胆に簡略化するならば、「差別の解決にかこつけた不正」があったということ。

そして前原は「同和推進副委員長」という経歴を隠したかったということである。
 
ちなみに他の案件に関する前原のスタンスは以下の通り。

 外国人労働者の受け入れ   →→賛成
 定住外国人に参政権を与える →→賛成
 首相の靖国神社参拝      →→反対
 中国へのODA供与終了    →→反対
 北朝鮮への経済支援打ち切り →→反対
 

靖国参拝を批判して、中国と北朝鮮に金を貢いで、日本にいる外国人の権利をどんどん増やそう、というのである。

……つまり、根の部分では岡田と全く同じのようである。
                                                   to be continud      


|

« 朝鮮人の野望~統一教会 | トップページ | 民主党の正体part2 »

朝鮮関連」カテゴリの記事

民主党」カテゴリの記事