« 自衛隊の支援-これまでの総括 | トップページ | 在日ミャンマー人が被災地でボランティア »

中国相次ぐ食品事件-放射能汚染はどうなの?

日本製品に放射能が付着しているという理由で、食品のみならず家電製品までボイコットをする中国で、毒餃子以上の食品事件が現在頻発しているそうです。

中国で悪質な食品安全事件が後を絶たない。もうけ主義に走る業者が違法な食品添加物を乱用しているためで、健康被害も広がり、深刻な社会問題となっている。事態を重く見た政府は取り締まりと規制の強化に改めて乗り出した。

 湖南省長沙市では4月23日、結婚式に出席した300人近くが吐き気を訴え、病院に運ばれた。地元テレビによると、筋肉増強剤のクレンブテロールが入った肉を食べたことが原因だった。1999年に使用が禁止されたが、肉の赤身を増やすために飼料に混ぜる養豚業者が少なくない。

 国内最大規模の食肉加工会社もクレンブテロール入りの豚肉を販売していたことが発覚。業界全体に広がっている実態が浮き彫りになった。

 不正は肉だけにとどまらない。上海市警察当局は4月中旬、使用禁止の着色料を使った饅頭(マントウ=蒸しパン)を販売した同市内の食品会社の責任者5人を拘束。遼寧省瀋陽市の警察当局は、違法添加物を使って漂白したモヤシを売っていた業者約30人を拘束した。

 相次ぐ事件を受けて、食品安全担当の李克強(リー・コーチアン)副首相は、違法添加物を使った業者について「営業の停止や資格取り消しのほか罰金など厳罰処分にする」との方針を4月下旬に関係部門に指示。今月8日には、食品工場の従業員に対し、40時間の科学的知識や倫理観を養う訓練を義務づける要綱も発表した。

 中国政府は、2008年の冷凍ギョーザ中毒事件などのたびに対策を強めてきた。しかし、昨年の食品安全事件は依然13万件に上り、違法業者は10万を超える。復旦大学社会学部の于海教授は「道徳意識が欠けていることが根本的な原因で、社会秩序が崩壊しかねない危険な状況だ」と警告している。(朝日 2011/5/11)

少し前に日本でも「ミートホープ」などの食品偽装がありましたので、声だかには言えないかもしれません。でも言います。日本のものは食べても死にません。しかし、中国産は死ぬかもしれません。いまだに毒粉ミルクで亡くなる子供たちがいるそうです。こんなものがまかりとおる中国で、日本の家電には放射能があり危険だと騒ぎ立てるのは、論理に整合性がありません。家電をなめる人はいません。

第一に「人命」を大事と思う国でもありません。細かいところで日本たたきは止めてもらいたい!

あなた方はあなた方の国の食品を疑うべきです。うっかり食べると死ぬかもしれません。

|

« 自衛隊の支援-これまでの総括 | トップページ | 在日ミャンマー人が被災地でボランティア »

中国関係」カテゴリの記事