« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »

2011年9月の2件の記事

尖閣 船長釈放「菅・仙石氏が政治判断」

9月26日(月)の産経新聞に昨年9月に起きた尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件で逮捕された中国人船長を処分保留のまま釈放したのは、当時の菅首相と仙谷由人官房長官の政治判断によるものだったと、当時菅政権で内閣官房参与を務めた松本健一氏が明らかにしたという記事がありました。

当時、釈放は那覇地検の判断によるもので、菅総理は判断をしていないという事に25日までなっていましたが、ついに真実が明らかになりました。

松本健一氏のプロフィールは次のものです。昭和21年生まれ。京都精華大、麗沢大教授などを歴任し、評論、評伝などで活躍。仙石氏の誘いで昨年10月、内閣官房参与に就任、今年9月に退任した。

産経新聞の内容は以下のとおりです。

松本氏は参与就任前だったが、仙谷氏から事件への対応について相談を受け、菅氏と仙谷氏とのやりとりを知る立場にあった。これまでにも当時の複数の閣僚や政府高官が「釈放は菅氏の指示で行われた」と証言していたが、実名で明言したのは初めて。

 松本氏によると、昨年9月8日に船長が公務執行妨害容疑で逮捕された後、検察側が証拠となる漁船衝突時のビデオテープを首相官邸に届けた。それを見た官邸側が「テープ自体が証拠にならないとの致命的なミスがあり、公判にたえられず、有罪にもならないと判断した」という。

 政府内では「断固として裁くべきだ」との主張もあり、船長の拘留期限が9月19日に10日間延長された後も調整が続いた。松本氏は「菅首相が(ニューヨークでの)国連総会の最中に仙谷氏に電話をかけて、釈放するかしないかでやりあっていた」とした上で、「最終的には菅首相が(釈放を)判断した」と説明した。

那覇地検は9月24日、船長を処分保留のまま釈放することを決定。中国人船長は翌25日に帰国した。地検は釈放について24日の記者会見で「わが国国民への影響や今後の日中関係を考慮すると、これ以上身柄を拘束して捜査を続けることは相当ではない」と述べた。

 決定に対し、仙谷氏は記者会見で「地検独自の判断だ。それを了とする」と述べ、政治判断ではないと強調した。菅氏も25日のニューヨーク市内での会見で「検察当局が事件の性質などを総合的に考慮し、国内法に基づいて粛々と判断した結果だ」と語った。

 当時の検察幹部らは釈放について「検察の判断だった」と主張している。

ここで問題なのは「官邸側がテープ自体が証拠にならないとの致命的なミスがあり、公判にたえられず、有罪にもならないと判断した」という点です。その判断は司法が証拠になるとか、ならないとか決めるもので内閣がいや総理が判断すべきことではないのです。それをかってに判断し釈放までしてしまったから政治判断になり、虚偽工作になってしまったのです。そもそも、この話題をメディアは国民に広く報道しているのでしょうか?

日本政府は世界に対し特に、中国や韓国に何故はっきり物が言えないのでしょうか?

日本の政府要人は皆、後ろから中国の暗殺者にでも狙われているのでしょうか?

本当の事を言うと翌朝川にでも浮かぶのでしょうか?

中国の経済に頼っているから?中国人に金を握らされているから?まったくわかりません。

しかし民主党に政権交代させたのは国民であります。

いい加減目覚めましょう!私達が変われば日本は変わります!絶対に!


|

尖閣衝突事件から1年~頑張れ日本!庄内支部1周年記念講演会

昨年9月に発生した沖縄尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船「よなくに」「みずき」にSengoku38
体当たりしてきた事件から7日で1年がたちました。

その時にインターネットのyou tubeに映像を流出させた一色正春氏と三橋貴明氏、三輪和雄氏を迎え下記日程で「頑張れ日本!全国行動委員会庄内支部1周年記念講演会」を開催致します。

日時  平成23年10月27日(木) (詳しくは右のチラシをクリックして下さい)

場所  酒田市総合文化センター

入場  無料 但し入場整理券が必要です 

尖閣諸島沖での中国漁船追突事件については、皆さんよくご存知でしょうが、少し振り返ります。. その時に中国漁船の船長、詹其雄(せんきゆう)(41)は海上保安官に公務執行妨害で逮捕されました。
その間、中国はあらゆる手を使って、釈放を要求してきました。さらに日本の海上保安船がぶつけたなど、言い始め、賠償まで迫ってきました。また、軍事施設を撮影したフジタ工業の社員を拘束する、レアアースを提供しない、上海万博のSMAPの公演を中止するなど経済、文化交流の停止、一般住民の反日デモなどあらゆる圧力をかけてきました。

日本政府、菅総理、仙石官房長は衝突映像があるので、それを世界に発信し日本の正当性のアピールと、中国に対する抗議が出来たにも拘わらず、その映像を隠してしまいました。そしてその対応は政府がするべきものでした。しかし、その結論は矮小化された問題へと形を変えられ、那覇地検が解決してしまいました。 結局菅直人氏はこの問題に決着をつける事も無く、在任中は「やるだけやった」という自己満足と共にやっと退いてくれました。

皆さんはどのように感じたかわかりませんが、一地検が、「今後の日中関係を考慮して」という国際外交を考える視点から判断は出来ないと思います。

結局今日になっても一色正春氏の流出映像しか出ていません。日本の名誉の為に出した映像により一色氏は起訴猶予処分になり、海上保安官の職を失ってしまいました。(一色正春氏が2011年2月14日(月)、日本外国特派員協会で講演をしました。その映像はコチラをどうぞ)

思えば田母神氏もそうでした。現在経済産業省の官僚、古賀茂明氏も退職勧奨を受けそれでも止めない為に、ひどいいじめにあっています。

何故現在の日本は国の為を想う人達が、辛い立場に追いやられるのでしょうか?政治、経済、外交のいびつさも
この辺に原因があるのではないでしょうか?

どうぞ、10月27日は日本を想う人達の言葉を聞きにご来場下さい。

|

« 2011年7月 | トップページ | 2011年10月 »