« 石原都知事世紀の講演part2 | トップページ | 石原都知事世紀の講演part4-コンベンショナルストライクミサイル »

石原都知事世紀の講演part3-「日本はアメリカのおめかけさん」

これあんがいみなさんわからないかもしれませんが、日本の閣僚は昔は優秀でよかったけど今非常に悪い。自分の利益ばっかりになった。官僚が軍隊になっちゃた。絶対的存在になっちゃたんですよ。日本の政治家がそれに使われる。いくら行ってもだめ、結局役人のいいなりになっちゃう。

大体あれでしょう。日本の皆さんならわかるかな。あのちっぽけな四国という島にね。瀬戸内海から3本の橋を架ける。もうかるわけないでしょ。こんなもの。福田内閣で決めたから「どうせ考えても無駄だからおよしなさい」って言ったら誰もいわない。最期に福田さんが「君、余計な事言うな!もう決まってることなんだ。ちゃんと合理性があるんだ」(石原氏)「そら福田さんあんたね、かってな数字作ったんじゃないの?」って言ったら、僕は福田さんにずいぶん可愛がられて閣僚にもしてもらったけど怒られました。

それでねそういうことが起きる背景に、これも主要矛盾なんだけど外国の人は怪訝に思うでしょうけど日本の国家の会計制度っていうのはバランスシートがないんです。単式簿記といって大福帳と同じなんだ。ですからね。どんな国でも発生主義複式簿記でやっているのに、おそらく先進国の中で単式簿記でやっている馬鹿な国はこりゃ日本だけでしょう。

複式簿記・発生主義をやらなかったら何が悪いかって言うと財務諸表がないんです。日本の国は。財務諸表って何かっていうと、専門の方はわかるでしょうけど、この株を買いたいなんて、この会社の内容はどうかなんて、この株をまずいから売っちまおうかなんて、思った時に何を手がかりにするかというとこの財務諸表なんですよ。だからね官僚は平気で金を隠すし、ごまかすし、でてこない。

こないだナベツネさんに聞いたんだけどね、「えー」て言ったんですけどタンス預金してる人がいてその額が30兆円あるんですって。その30兆円のうち10兆円が昔懐かしい聖徳大使の一万円札なんだって。それをね、換えずにもっている。この間200億円ある金持ちがうしろめたいし、まずいんで、もう一人の金持ちも140億円あるんだけど新札に換えて欲しいと税理士さんに頼んだらしいんだ。そしたらやってもいいけど手数料は頂きますけど、しかしもっと問題なのはなんでこんなに金が貯まったのか、おそらく査察みたいなのが入って厄介な事になりますてんで止めたって、また旧札で持ってんだって。そういうお金のね(話を)掴んでいながら、金をどうやって引き出して、流通させて国家の為に使うかという事、今の役人は考えられない。自分の使かっている会計制度が間違っているから。

そんなこんなで私達は使える金も使えない。日本の経済は疲弊してきたわけです。

もう一つ安全保障の問題ですが、日本は今どういう状況にあるんですか?回りに北朝鮮、状況証拠からすると、日本から数百人の同胞を拉致していって殺した。そして帰さない。この国がわけのわからない核開発をやっている。その上にあるロシアがですが、かつて条約を破り突然宣誓布告してきて日本の北方領土をかすめ盗ってね。アメリカが早く進駐してくれれば良かったんだがあそこまで手がまわらなっかたんでロシアが入ってきて盗られちゃった。

もう一つこっちにはシナがある。あれシナっていうとみんないやがるんだね。シナのね、この間英語のインターネット見たらシナ人が書いてあるページでシナの事シナとsinaと書いてある。中国というのは岡山県と広島県の事だよ。(笑)なんでね。シナというといやがるのかね。あれは孫文が決めた言葉ですよね。英語でもチャイナでしょ。フランス語でシームでしょ。スペイン語でチムでしょ。ほいでね、日本人だけが中国っていうの。

しかもそのシナがですねな、核を開発してあのタクマラカンとゴビ砂漠で核開発をやった時どれだけの放射能が日本に降ってきました?日本の政府は知って知らないふりして隠したんです。それくらい中国の放射能を放ってきた。今になって福島の原発が放射能を起こすと地域でもね、ヒステリーみたいになってね。変なムーブメントあります。原発の話はこれでしませんがね、いずれにしろ、国境を接っしたり、国境を奪われたり、同胞を殺されている。この3つの国に国境を接していて、相手は核を持っていて日本は持っていない。こんな地政学的な条件におかれている国家が世界にありますか?

日本の防衛をどうするかという問題はこれからますます大事になってきます。ズーとアメリカさんのおめかけさんできたんだから、なんでもお願いする。もうこんな時代は終わらなければいけない。私はやっぱりすごいなーと思ったのはあの沖縄返還をやった時、非核三原則「持たず、作らず、持ち込まず」これ佐藤さんが言い出して断固としてこれは当然だといった。私はこの時、参議員だったので予算委員会で「持たず、作らず、持ち込ませず」はあほの語呂合わせみたいでね、「持たず、作らず、だったら持ち込ませなければダメじゃありませんか」と言ったら「余計な事言うな。これは自民党の党是なんだから批判だったら自民党辞めたまえ」って私、佐藤さんよく知っていたから向こうもね、半分冗談、半分本気で言ったんでしょうが。

その佐藤さんが小笠原諸島を取り戻した時にね。あの時のアメリカのジョンソン大統領に「日本は核を持ちたいんだ。アメリカの協力で持たせてくれ」と言ったんだがアメリカは一応断るんですな。でも非核三原則が出てきても、いざと言う時持ち込むのは当たり前じゃないですか。アメリカの基地はいっぱいあります。飛行機もたくさんあるわけだ。わかすぎけんという私の親友が結局密約でいざという時は黙って持ち込み、日本の政府も認める。

(「持たず、作らず、持ち込まず」)そんなの嘘の話でね、沖縄が返還したときから壁の厚い話でね。私はアメリカをおどかしてある核兵器をみせてもらいました。昔からある。今でもある。そんなもの知って知らぬふりしてればいいんだ。なきゃあ困るだろうこっちは。

|

« 石原都知事世紀の講演part2 | トップページ | 石原都知事世紀の講演part4-コンベンショナルストライクミサイル »

尖閣諸島関連」カテゴリの記事

歴史」カテゴリの記事

石原慎太郎都知事」カテゴリの記事

経済・政治・国際」カテゴリの記事