« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »

2012年6月の5件の記事

妻の「離縁状」-小沢一郎とは何者か?(改訂版)

このスクープを書いたジャーナリスト松田賢弥氏はかなり前から小沢一郎を追っていた。松田氏は2005年講談社出版の『闇将軍 野中広務と小沢一郎の正体』の中で小沢一郎の生い立ちを次のように書いている。

Img087_2


小沢一郎の生い立ち

小沢一郎の父佐重喜(さえき)は1898年(明治31年)水沢の貧しい農家に生まれている。東京に出て人力車を引いたりしながら苦学し、弁護士試験に合格。これ以降佐重喜はずっと東京暮らしをしていた。1924年(大正13年)みちと結婚。みちは千葉県東葛飾郡出身で、東京の九段精華女学校を卒業していた。

佐重喜は東京市会議員などを経て、戦後には衆議院議員に転進し運輸、建設大臣などを歴任した。しかし佐重喜は湯島の料亭で毎晩のように遊びまわる放蕩三昧の日々を過ごしていた。小沢一郎が誕生したのは1942年(昭和17年)だ。

小沢一郎の上には姉が二人いた。長女はスミ子(昭和7年生)、次女は則子(昭和15年生)だ。しかし姉達の母はそれぞれちがっていた。母のみちはこの二人をすぐに養女として入籍している。

水沢に縁のない家族だったが1945年(昭和20年)の初めみちが空襲を逃れて3人の子供を連れて水沢に疎開してきた。佐重喜は東京に残ったままだったのでみちと子供3人の水沢での生活が始まった。

その後、小沢一郎は中学2年生まで水沢に住んだが、中学3年生の時には、みちと3人の子供達はまた東京に戻る事となる。その短すぎる水沢での生活の為、一郎には水沢への郷土愛は生まれなかったと思われる。

また、小沢一郎は生まれてから12歳までを母しか知らず、父の存在を意識する事がなかった事と、愛する姉が父の放蕩三昧の末に生まれた事実が一郎の人格形成に深い影響を与える事となった。

1_2

次に小沢一郎の隠し子をもうけた女性だが、キム・スクヒョン(金淑賢)だ。キム・スクヒョン(金淑賢当時.35)とは2000年、自由党党首であった小沢衆議院議員の国際担当秘書に抜擢され、その後、7年の間、傍を守っている。当時から愛人説も盛んに出ていた。

議員会館に勤めているキムは、国際関係の専攻を生かして韓半島を含んだ国際情勢などに関し補佐する業務を主にしていた。週1回、東アジア情勢の報告をしているし、中国、アメリカを含んださまざまなプロジェクトを企画しながら進行も行っていた。

また、儀典業務は基本で小沢代表を訪ねてくる日本の政治家はもちろん、韓国など外国の名士の接客との通訳も受け持っていた。選挙期間には他の日本人秘書らと同じように全国の現場を歩き回りながら選挙支援にも積極的に出ている。まさに『全天候秘書』だった。この女性との子供が隠し子となっている。

小沢和子氏の「離縁状」の調査中、次の事がわかった。

小沢一郎が関与した西松事件関係者が次々と謎の死

09/01/21 西松建設社長を逮捕
09/01/21 元西松建設専務 死亡
09/02/24 長野知事の元秘書(西松建設事件での参考人) 死亡 。(電柱にロープを巻きつけ首吊り自殺)
09/03/01 「小沢一郎氏と秘書と、ダム工事のただならぬ関係」を追及してきた記者(吉岡元議員) 旅先で死亡
09/03/03 検察、民主党岩手支部家宅捜索
09/03/04 民主党事務所のある相模原卸売市場全焼

まだまだの調査に終わるが次の点ははっきりした。

1岩手県水沢市にはなんの思もいいれもない。

2妻も政略結婚であり、感情の交流はない。

3小沢氏の地元・奥州で30年間選挙支援してきた「水和会」解散。

この男は日本の政治活動において破壊活動しかしてこない。岩手県水沢市の後援者の方々は本当に気の毒でしかたがない。この大震災の中で支援者のいる地域に何も感謝せず、何の手もさしのべない。それどころか、自分可愛さにただ放射能から逃げ回っていた。

皆さん!小沢一郎がどこから出馬しようと日本人なら落としてやろう!この日本に建設的な事は何もせず、ただ害を与える男を!

|

妻の「離縁状」-小沢一郎は岩手、国の害

ところが3月11日、大震災の後、小沢の行動を見て岩手、国の為になるどころか害になることがはっきりわかりました。3月11日、あの大震災の中で、お世話になった方々の無事もわからず、岩手にいたら何かできることがあったのではと何一つできない自分が情けなく仕方がありませんでした。

そんな中、3月16日の朝、北上出身の第一秘書の川辺が私の所へ来て、「内々の放射能の情報を得たので、先生の命令で秘書達を逃がしました。私の家族も既に大阪に逃がしました」と胸をはって言うのです。あげく、「先生も逃げますので、奥さんも息子さん達もどこか逃げる所を考えて下さい」と言うのです。

福島ですら原発周辺のみの非難勧告しかでていないのに、政治家が東京から真っ先に逃げるというのです。私は仰天して「国会議員が真っ先に逃げてどうするの!なんですぐ岩手に帰らないのか!内々の情報があるならなぜ国民に知らせないか」と聞きました。

川辺が言うには、岩手に行かないのは知事から来るなと言われたからで、国民に知らせないのは大混乱を起こすからだというのです。国民の生命を守る筈の国会議員が国民を見捨てて放射能怖さに逃げるというのです。何十年もお世話になっている地元を見捨てて逃げるというのです。私は激怒して「私は逃げません。政治家が真っ先に逃げ出すとは何事ですか」と怒鳴りました。川辺はあわてて男達は逃げませんと言いつくろい、小沢に報告に行きました。

小沢は「じゃあしょうがない。食料の備蓄はあるから、塩を買い占めるように」と言って書生に買いに行かせました。その後は家に鍵をかけて閉じこもり全く外に出なくなりました。復興法案の審議にも出ていません。女性秘書達と川辺の家族は一ヶ月余り戻ってきませんでした。2日遅れで届いた岩手日日には3月15日国会議員6人が県庁に行き、知事と会談したとありました。彼らと一緒に岩手に行こうと誘われても党員資格停止処分を理由に断っていたこともわかりました。知事に止められたのではなく放射能がこわくて行かなかったのです。

3月21日「東京の水道は汚染されているので料理は買った水でやって下さい」と書生が言いに来ました。しかしそのような情報は一切発表されていませんでしたので、私が「他の人と同じ様に水道水を使います」と言いましたら、それなら先生のご飯は僕達で作りますと断ってきました。それ以来、書生達が料理をし、洗濯まで買った水でやろうとしていました。東京都が乳幼児にはなるべく水道水を避けるようにと指示したのはその2日後です。すぐにそれは解除になりました。

3月25日になってついに小沢は耐えられなくなったようで旅行カバンを持ってどこかに逃げ出しました。去年、京都の土地を探していたようですのでそこに逃げたのかもしれません。その直後、テレビやマスコミが小沢はどこに行った?こんな時に何をしているかと騒ぎだし、自宅前にテレビカメラが3,4台置かれ、20人位のマスコミが押しかけました。それで、あわてて避難先から3月28日に岩手県庁に行ったのです。ご存知のように被災地には行ってません。

4月に入ってからも家に閉じこもり連日、夜若手議員を集めて酒を飲みながら菅内閣打倒計画をたて始めました。菅さんが放射能の情報を隠していると思ったらしく相談を始めました。自衛隊幹部や文科省の役人に情報収集をしたようですが、発表以外の事実は得られず、それなら菅内閣を倒し、誰でもいいから首相にすえて情報を入手しようと考えたようです。この結果、不信任決議が出され政治が停滞したことはご存知と思います。

この大震災の中にあってなんら復興の手助けもせず、放射能の情報だけが欲しいというのです。本当に情けなく強い憤りを感じておりました。実は小沢は数年前から京都から出馬したいと言い出しており後援会長にまで相談していました。もう岩手のことは頭になかったのでしょう。

こんな人間を後援会の皆さんにお願いしていたのかと思うと申し訳なく恥ずかしく思っています。更に5月には長野の別荘地に土地を買い設計図を書いています。多くの方々が大切なご家族を失い何もかも流され仮設住宅すら充分でなく不自由な非難生活を送られている時に、なんら痛痒を感じず、自分の為の非難場所の設計をしています。

◎◎◎という建設会社の話ではオフィス0という会社名義で土地を買い、秘書の仲里が担当しているということでした。天皇・皇后両陛下が岩手に入られた日には、千葉に風評被害の視察と称して釣りに出かけました。千葉の漁協で風評がひどいと陳情を受けると「放射能はどんどんひどくなる」と発言し、釣りを中止し、漁協からもらった魚も捨てさせたそうです。風評で苦しむ産地から届いた野菜も放射能をおそれて鳥の餌にする他は捨てたそうです。

かつてない国難の中で放射能が怖いと逃げたあげく、お世話になった方々のご不幸を悼む気も、郷土の復興を手助けする気もなく、自分の保身の為に国政を動かそうとするこんな男を国政に送る手伝いをしてきたことを深く恥じています。長い間お世話になった皆さんにご恩返しができないかと考えています。せめて離婚の慰謝料を受けとったら岩手に義捐金として送るつもりです。今岩手で頑張っている方々がすばらしい岩手を作ってくれることを信じています。

ご一家には、本当に長い間お励ましお支えを頂きましたこと心から感謝しております。ありがとうございました。7月には別の所に住所を移しました。ご一家のご多幸を心より祈り上げております。            小澤和子

(注・受取人が特定される記述は一部省略。伏字は原文では実名である)              to be continud 

|

妻の「離縁状」-小沢一郎へ

「週刊文春」の6月21号で小沢一郎の元妻の小澤和子さんが書いた妻からの「離縁状」という記事により、多くの方がもう読んで知っているかもしれませんが、もっともっと多くの人に知ってもらいたいと思い記載します。ポイントは以下の点です。

①小沢一郎は妻の小澤和子氏による離縁状により平成23年11月にすでに離婚している。

②この離縁状は小沢一郎に出されたものではなく、岩手県水沢で小沢を長年応援してくれていた後援者に元妻だった一人の人間としての詫び状としてだされたものである。画像は岩手県水沢の小沢事務所です。1

③小沢一郎の自分を応援してくれる選挙地区民を大事に思わない姿が語られている。(岩手県水沢地区)

④慰謝料はまだもらっていないが、もらったらその金は、ここまで支えてくれた岩手県に震災に対する義援金としてせめて送らせてほしいと思っている。

小澤和子からの「離縁状」

まだ強い余震がある中、お変わりございませんか。この度の大震災ではさぞご苦労があったと思います。ご家族・ご親類はご無事でいらっしゃたでしょうか。何のお手伝いもできず申し訳ありません。被害の余りの大きさに胸がつぶれる思いです。長年お世話になった方々のご不幸を知り、何もできない自分を情けなく思っています。

このような未曾有の大災害にあって本来、政治家が真っ先に立ちあがらなければならない筈ですが、実は小沢は放射能が怖くて秘書と一緒に逃げ出しました。岩手で長年お世話になった方々が一番苦しい時に見捨てて逃げ出した小沢を見て岩手や日本の為になる人間ではないとわかり離婚いたしました。お礼の手紙にこのようなことを申し上げるのは大変申し訳なくショックを受けられると思いますが、いずれお話しなければと思っていましたのでこの手紙を差し上げます。お聞き苦しいと思いますが今迄のことを申し上げます。

8年前小沢の隠し子の存在が明らかになりました。○○○○○といい、もう20才を過ぎました。3年つきあった女性との間の子で、その人が別の人と結婚するから引きとれといわれたそうです。それで私との結婚前からつきあっていた○○○○という女性に一生毎月金銭を払う約束で養子にさせたということです。小沢がいうにはこの○○○○と結婚するつもりだったが水商売の女は選挙に向かないと反対され、誰でもいいから金のある女と結婚することにしたところが、たまたま田中角栄先生が紹介したから私と結婚したというのです。そして「どうせ、お前も地位が欲しかっただけだろ」といい、謝るどころか「お前に選挙を手伝ってもらった覚えはない。何もしないのにうぬぼれるな」と言われました。あげく「あいつ(○○○○)とは別れられないが、お前となら別れられるからいつでも離婚してやる」とまでいわれました。

その言葉で、30年間皆様に支えられて頑張ってきたという自負心が粉々になり、一時は自殺まで考えました。息子達に支えられなんとか現在までやってきましたが、今でも、悔しさと空しさに心が乱れることがあります。お世話になった方々に申し訳なく、又、説明もできず、もしお会してやさしい言葉をかけていただいたら、自分が抑えられず涙が止まらなくなるのがわかり岩手に帰れなくなりました。

選挙の時には、皆さんがご苦労されているのに、どうしても「小沢をお願いします」とは言えず、申し訳なさに歯をくいしばって耐えていました。隠し子がわかって以来、別棟を建てて別居しています。S.Pさんや秘書の手前、料理や洗濯は変わらずやっていました。用事の時は、小沢は私に直接言わず、秘書が出入りしていました。

それでも離婚しなかったのは、小沢が政治家としていざという時には、郷里と日本の為に役立つかもしれないのに、私が水をさすようなことをしていいのかというおもいがあり、私自身が我慢すればと、ずっと耐えてきました。

                                                          to be continud 

|

仙石由人-好色一代男

本日の産経新聞によると、女性記者=Mさんにセクハラ発言をしたと報じられ、名誉を傷つけられたとして、民主党の仙石由人政調会長代行が、新潮社と文芸春秋を相手どり各1千万円の損害賠償を求めた訴訟が、6月12日、東京地裁で開かれ宮坂昌利裁判長は「セクハラと受け取られかねない言動があったのは事実だ」として請求を棄却した。という記事があった。まずは朝日動画ニュースコチラをどうぞ。すぐ消えると思いますのでお早めに。

この記事は平成23年1月13日号の「週刊新潮」「週刊文春」の記事で、内容は以下のものだ。

新潮は「『赤い官房長官』の正気と品性が疑われる桃色言行録」というタイトルで、文春は「仙谷官房長官篠原涼子似日経記者にセクハラ暴言!」とのタイトルで、22年末に菅直人首相官邸で開かれた記者との懇談会で、当時官房長官の仙谷氏が日本経済新聞の女性記者にセクハラ発言を繰り返したとする内容だった。

両誌の記述は強烈で、「仙谷氏はMさんを隣の席に座らせて、お酒を注がせたりしていた」「肩に手を回し…」「Mさんの胸に手が触れかねない勢いでした」「ピンクの妖気を放ち…」「仙谷氏の口から発せられた言葉は(中略)『俺も歳だけど、まだタツかな』『オー、タツ、タツ、俺もまだ大丈夫だ』『ビンビンだ』」などと報じられた。

週刊誌の記事なのである事も無い事も面白おかしく書かれ、エロも強調されているとは思う。

しかしこの記事に激怒した仙谷は、1月17日「一方的に誤った事実を掲載され、読者に対して誤った認識を抱かせた」として、発行元の文芸春秋と新潮社にそれぞれ1千万円の損害賠償と謝罪広告の掲載を求め東京地裁に提訴した。

そして第一回目の裁判が1月24日に東京地裁の第712号法廷で開かれた。仙谷側は「事実無根であり、読者に対して誤った認識を抱かせた」と主張。「これはジャーナリズムの危機」とまで断じていた。

この日の裁判では、午前中にセクハラを受けたとされる女性記者が出廷。「記事に書かれたような発言があったのは事実で、肩も抱かれた。ただ、セクハラとは感じず、訴える気はなかった」と証言したのだ。

裁判を傍聴したジャーナリストが言う。「“勃起発言”の有無について証言せざるを得なくなった仙谷氏は『“立たない”と言った記憶はあるが“立つ”とは言っていない』とか、『“立たない”という言葉は日常的に口にしている』と珍妙な言い訳を展開。

さらに裁判の途中からは「この発言は女性記者=Mさんに対するものではなかった」などと弁解しだした。『懇談会には他にも女性記者がたくさんいた』『特定の記者に向かって言ったわけではないからセクハラではない』と無理な主張をして、法廷内の失笑を買っていました」

最後は裁判長から「大勢の女性の前で“立たない”と言うこと自体、セクハラではないのか」と、たしなめられたという。

「“事実無根”として訴えたことも裏目に出た。裁判長から『発言があったなら、どうして(意見書に)そう書かなかったの!』と叱責されていました」

結局12日、東京地裁の宮坂昌利裁判長は、記事の細部の真実性は否定したが「セクハラと受け取られかねない言動があったという根幹部分は真実だ」として請求を棄却した。

判決を受け、仙谷氏の代理人は「重要な点に事実誤認・評価の誤りがあるので、控訴を含めて検討中」とコメントした。

Mさんも訴えていないのにまだやるんでしょうか?この男!かつて自衛隊の事を暴力装置といっていたが、飛び出す言葉がとにかく下品、日本国民はこんな男の為に、かつて中国漁船体当たりでひどい目に会っている。その話はコチラへ。

誰かこの男の控訴を止めて下さい。この暴露話を続けるというのでしょうか?この男は破廉恥を知りません。この先どんな下賎な事を言い出すかわかりません。自分の発言がどんなに卑猥で、恥ずかしい事をどうどうと言っているかがわからないのでしょうか?自分の事をあからさまに語れる露出狂的心理さえ持っているのかもしれません。

一国民として恥ずかしい限りです。日本の恥です。

|

ブラノボ村のおばあさんたち-欧州音楽祭で準優勝

アゼルバイジャンの首都バクーで5月26日開かれた欧州の音楽の祭典「ユーロビジョン」でロシア代表の6人組コーラスグループ「ブラノボ村のおばあさんたち」が準優勝に輝いた。まずは映像をどうぞ。

グループはロシア中部ウドムルト共和国の小さな村に暮らす70歳代の女性たちが、地元の教会の再建費用を稼ごうと結成した。ウドムルト共和国とは下記の地図をどうぞ。

民族衣装を着ていて、懐かしいロシア民謡を聞くようだが、その内容はあくまでも明るく楽しい。

「ユーロビジョン」はアバや、セリーヌ・ディオンを輩出した伝統ある音楽コンテストで、そこで彼女たちの歌声と軽快なダンスが大うけにうけ、今もフィーバーしているという。プーチン大統領も祝福し近いうちにむらを訪れる予定だそうだ。

実に可愛いおばちゃんたちだ。健康で長生きで明るいおばあちゃんたちに喝采をどうぞ。

|

« 2012年5月 | トップページ | 2012年7月 »