« 「第62回全日本新体操選手権大会」の青森大学の演技-世界で大絶賛 | トップページ | 何故!今も中国にODAを続けるのか! »

尖閣諸島-シナとの裏取引

尖閣諸島は突然国有化になってしまったが、その事情はまるでみえません。次の映像は8月31日の石原都知事の定例記者会見のもようですが、その中でシナとの裏取引について語っていますのでご覧下さい。13分13秒頃からが見ものです。

この映像もいつ消されるかわからないので書き起こしておきます。

石原都知事 「NTVいる?日本テレビ。この間ね、あなたのとこの記者が突然ね、一社だけやって来たの。それでね、どういう二ュースソースか知らないけどね、中国側がね『(日本)政府が(尖閣を)買ったうえで、何もしない、何も作らない、人も置かないっていうんだったら、我々(中国政府)はこれ以上、尖閣について口出ししない』って言ったけど、どう思いますか?って言うから。僕は初めて聞いたニュースだしショック受けた。それがもしシナの政府が言ってきたとしたら、まさに内政干渉だしね。そのねー他国が持っている領土の中に他国が何を作ろうが作るまいが勝手な話だけど、『それをしないなら許してやる』みたいな話ってのは…。どういうニュースソースなの?あれ。あなたのところで報道したんでしょ?あれ」

日本テレビ女性記者 「今日私は代理で来ておりまして、担当者が…」

石原都知事 「男の記者だったよ」「で、同じ局でわからないの?そういうこと」「あのニュースだけど、他には出ないね。出ないとしたらガセか」

中国人女性記者 「ありますよ。中国の方では出ました。中国政府が秘密の要求を出して、それをするんであれば、日本が実際に管理するのは口出さない…という趣旨のニュースがありました」

石原都知事 「(苦笑)ね、おかしな話だね。あ、そうですか、向こうのニュースでは出てるんですか」

中国人女性記者 「一昨日ぐらいに」

石原都知事 「なんで日本のもっと大きなメディアは報道しないのかね?」

中略

中国人女性記者の日中の報道について要約

日本と中国のあいだには、日中記者交換協定がありそれはかつて田川誠一(たがわ せいいち、1918年6月4日 - 2009年8月7日)は、日本の政治家。元衆議院議員(11期)が決めたそうだ。そして田川誠一のいとこに河野洋平がいる。決めた事は次の3つです。

1、日本政府は中国を敵にしてはいけない

2、日本政府はアメリカに追随して2つの中国の陰謀はしない

3、日本政府は中国関係は正常に向かう事を妨げない

要するにこの度の尖閣国有化は中国政府から要求されて行ったという事です。日本はもはや日本ではなくなっているのかもしれません。見えないように。静かに。


|

« 「第62回全日本新体操選手権大会」の青森大学の演技-世界で大絶賛 | トップページ | 何故!今も中国にODAを続けるのか! »

中国関係」カテゴリの記事

尖閣諸島関連」カテゴリの記事

石原慎太郎都知事」カテゴリの記事