« 2015年9月 | トップページ

2015年11月の1件の記事

日本の裏社会~野球賭博

プロ野球巨人の福田聡志投手(32)と笠原将生投手(24)、松本竜也投手の3名が野球賭博をしていた事が判明した。福田、笠原の両投手は麻雀やバカラでも賭けを行っていた事がわかった。

日本野球機構(NPB)の調査委員会は笠原投手が福田投手に紹介した自称税理士法人勤務の知人を野球賭博常習者と認定した。A氏と呼ぶ事にする。


福田投手

A氏仲介のもと今年8月から9月までにプロ野球の約10試合で野球賭博を行い、5月から9月までに高校野球やアメリカ大リーグの試合にも金銭を賭けていた。

笠原投手

A氏との間に昨年4月から10月までにプロ野球の約10試合に賭け、別の野球賭博常習者である飲食店経営者(B氏とする=野球賭博常習者と認定)の仲介で10~20試合に賭けていた。同年4月から8月には高校野球にも賭けていた。


松本投手

この飲食店経営者と昨年の6月から10月までにプロ野球の十数試合に賭けていた。

NBPの調査委員長は「現段階では多球団の選手の関与はなく、八百長行為も認められていない」とし「反社会的勢力との関係も含めて、引き続き調査し、1か月以内に最終報告を行う」という事になった。

しかし巨人はこの賭博に関係したのではないかという疑いがある選手としてまだ次の選手を抱えている。宮國椋丞(巨人軍投手)、江柄子裕樹(巨人軍投手)河野元貴(巨人軍捕手)だ。


この問題はたまたま起きた事件ではない。野球界の歴史をたどっていけば、「起こるべきして起こった」事件なのだ。


野球賭博は昭和40年代初期に大阪に登場した。「胴元」は暴力団が仕切り、客は大阪・ミナミの自営業者や飲食店経営者などが中心で、彼らは大相撲の関取のタニマチになっている人がけっこういた。これは野球賭博がかなり以前から行われ、そのバックに裏社会が関与し、暗躍していた事を意味している。平成22年の相撲界力士の野球賭博事件が新しい。野球界にはその土壌があるという事だ。


野球賭博は暴力団、ヤクザとの一接点に過ぎず、酒席・結婚式の宴席・麻雀・ゴルフ・慈善興業などあらゆる分野で「黒い交際」が行われている。

暴力団は隙あらば表社会の人間に食い込もうと、虎視眈々とその機会をうかがっているのだから。

野球賭博は、平成バブルに突入する頃(1986年)、胴元は約20組織あったといわれ、初めは1000万円程度の取り扱いだったが、やがて1日5000万円、1億、3億と取り扱う金額がどんどん増幅していった。1日に集まってくる客は1組織最低300人。今では携帯電話やメールなどを使って賭場が開かれ暴力団の大きな資金源になっている。

野球賭博は、プロ野球に限らず、春、夏の全国高校野球大会はその筋の稼ぎ時であり、さらに相撲やサッカーのJリーグ、ゴルフなどあらゆるスポーツが賭場の対象となっている。上記のA氏やB氏は仲介役である。その上に胴元がいる。胴元は山口組系弘道会(前身の弘田組時代に野球賭博登場)である事がわかっている。

野球賭博は、勝敗を賭けの対象としているわけだが、賭博である。胴元が試合ごとにチームの戦績に応じてハンデをつけ、それを仲介役に連絡。仲介役はそれを携帯電話やメールで客に伝えて、賭け金を預かるシステムだ。

例えば巨人対阪神の試合を対象にする場合、ハンデは「巨人から1,5」とされたとする。これは阪神に1,5のハンディがついていることを意味する。よって巨人が2点差以上で勝たないと賭博には勝った事にならないという仕組みになっている。このハンデは山口組の中のハンデ師が担当していて、試合によって異なってくる。

                                                           
上記A氏は元中日の立浪和義氏(1988年入団、2010年退団)の知人であり「弘道会の人間である」事がわかっている。

上記B氏は元巨人の越智大祐氏(2006年入団、2014年退団)と見られている。

                                                        


| | トラックバック (0)

« 2015年9月 | トップページ