カテゴリー「文化・芸術」の記事

日本の裏社会~野球賭博

プロ野球巨人の福田聡志投手(32)と笠原将生投手(24)、松本竜也投手の3名が野球賭博をしていた事が判明した。福田、笠原の両投手は麻雀やバカラでも賭けを行っていた事がわかった。

日本野球機構(NPB)の調査委員会は笠原投手が福田投手に紹介した自称税理士法人勤務の知人を野球賭博常習者と認定した。A氏と呼ぶ事にする。


福田投手

A氏仲介のもと今年8月から9月までにプロ野球の約10試合で野球賭博を行い、5月から9月までに高校野球やアメリカ大リーグの試合にも金銭を賭けていた。

笠原投手

A氏との間に昨年4月から10月までにプロ野球の約10試合に賭け、別の野球賭博常習者である飲食店経営者(B氏とする=野球賭博常習者と認定)の仲介で10~20試合に賭けていた。同年4月から8月には高校野球にも賭けていた。


松本投手

この飲食店経営者と昨年の6月から10月までにプロ野球の十数試合に賭けていた。

NBPの調査委員長は「現段階では多球団の選手の関与はなく、八百長行為も認められていない」とし「反社会的勢力との関係も含めて、引き続き調査し、1か月以内に最終報告を行う」という事になった。

しかし巨人はこの賭博に関係したのではないかという疑いがある選手としてまだ次の選手を抱えている。宮國椋丞(巨人軍投手)、江柄子裕樹(巨人軍投手)河野元貴(巨人軍捕手)だ。


この問題はたまたま起きた事件ではない。野球界の歴史をたどっていけば、「起こるべきして起こった」事件なのだ。


野球賭博は昭和40年代初期に大阪に登場した。「胴元」は暴力団が仕切り、客は大阪・ミナミの自営業者や飲食店経営者などが中心で、彼らは大相撲の関取のタニマチになっている人がけっこういた。これは野球賭博がかなり以前から行われ、そのバックに裏社会が関与し、暗躍していた事を意味している。平成22年の相撲界力士の野球賭博事件が新しい。野球界にはその土壌があるという事だ。


野球賭博は暴力団、ヤクザとの一接点に過ぎず、酒席・結婚式の宴席・麻雀・ゴルフ・慈善興業などあらゆる分野で「黒い交際」が行われている。

暴力団は隙あらば表社会の人間に食い込もうと、虎視眈々とその機会をうかがっているのだから。

野球賭博は、平成バブルに突入する頃(1986年)、胴元は約20組織あったといわれ、初めは1000万円程度の取り扱いだったが、やがて1日5000万円、1億、3億と取り扱う金額がどんどん増幅していった。1日に集まってくる客は1組織最低300人。今では携帯電話やメールなどを使って賭場が開かれ暴力団の大きな資金源になっている。

野球賭博は、プロ野球に限らず、春、夏の全国高校野球大会はその筋の稼ぎ時であり、さらに相撲やサッカーのJリーグ、ゴルフなどあらゆるスポーツが賭場の対象となっている。上記のA氏やB氏は仲介役である。その上に胴元がいる。胴元は山口組系弘道会(前身の弘田組時代に野球賭博登場)である事がわかっている。

野球賭博は、勝敗を賭けの対象としているわけだが、賭博である。胴元が試合ごとにチームの戦績に応じてハンデをつけ、それを仲介役に連絡。仲介役はそれを携帯電話やメールで客に伝えて、賭け金を預かるシステムだ。

例えば巨人対阪神の試合を対象にする場合、ハンデは「巨人から1,5」とされたとする。これは阪神に1,5のハンディがついていることを意味する。よって巨人が2点差以上で勝たないと賭博には勝った事にならないという仕組みになっている。このハンデは山口組の中のハンデ師が担当していて、試合によって異なってくる。

                                                           
上記A氏は元中日の立浪和義氏(1988年入団、2010年退団)の知人であり「弘道会の人間である」事がわかっている。

上記B氏は元巨人の越智大祐氏(2006年入団、2014年退団)と見られている。

                                                        


| | トラックバック (0)

伝説の名馬-「ブロードアピール」

皆さんは伝説の競走馬「ブロードアピール」をご存じだろうか?まずはこの馬を一躍有名にした2000年5月14日のダート戦栗東ステークス(ダート1200メートル)をご覧ください。

ダートコースとは競馬やモータースポーツなどで利用される土や砂が細かく敷かれた走路のことである。そしてこの「ブロードアピール」はダートの短距離(1600m位)に強かった。

「ブロードアピール」は1994年4月13日生まれの牝馬(ひんば)メス馬だ。普通メス馬は2歳頃から試合に出場し6歳位で引退する。しかしこの馬は調教の遅れにより4歳=1998年で初出場している。そして2000年の栗東ステークスで有名となる。「ブロードアピール」6歳となる。

そして「ブロードアピール」の名を永遠にとどめる事となったのが第14回2000年11月12日の根岸ステークスである。騎手は武幸四郎。そのレースは最後方からのスタートとなり、先頭が残り400メートルの標識を通過する直前まで最後方に位置していたが、そこから後に鬼脚と呼ばれる14頭抜き去る末脚を見せつけ勝った。その映像は次のものをどうぞ。

小さなストライド(歩幅)からのピッチ走法で、ダートでの強烈な追い込みをかけるのが有名だ。しかも栗東ステークス、根岸ステークス共に牡馬(オス)を含めてのレースだし、人間でいえば40代の馬だ。それが並み居るオスの若手を猛追して追い抜くのだ。スカッとする。

「ブロードアピール」はその後2002年のドバイゴールデンシャヒーンにも参戦し、5着という戦績を残して引退した。

生涯成績 中央競馬32戦12勝  地方競馬3戦1勝  日本国外1戦0勝。引退後はノーザンファームで繁殖牝馬として繋養されている。昨年息子のブロードソードが11月17日の第5回京都競馬場の5日に初勝利を上げている。

|

「第62回全日本新体操選手権大会」の青森大学の演技-世界で大絶賛

現在、世界中がロンドンオリンピックで沸いている。しかしオリンピック種目にはないが男子新体操の一本の映像が世界中の人を感動させている。それは2009年11月02日に行われた「第62回全日本新体操選手権大会」の優勝大学、青森大学の演技だ。まずはその演技をご覧下さい。

この日の青森大学の偉業も2001年4月の創部があってこそである、そんな青森大学新体操部の創部時の部員である大坪政幸さんが2009年7月23日に脳腫瘍で亡くなった。

偉大な先輩の早すぎる死に心を痛めた青森大学、その時すでに全日本で使用する団体の曲は亡くなった大坪さんが現役時代にスティックで使用していた曲-DFOのBlueにする事が決まっていた。そしてこの代々木第一体育館は大坪さんにとって最後の大会会場となった場所、「この場所で最高の演技を大坪さんに届けたかった」と団体メンバーである高岩は語る。

その言葉通り、青森大学の部員は演技中に一切の声援を行わなかった。静かなピアノのメロディーと選手の息遣い、時より観客から湧く拍手とどよめきの中演技は行われた。現在、同大学の外崎選手しか正式大会で披露していないダブルスワン(後方伸身二回宙返り)は着地において一歩も動かなかった。

一挙一動に部員の思いがこもった丁寧な演技はそれが試合ではなく大坪政幸さんにささげる鎮魂の演技だったからだと思う。そして大坪さんを思う心が選手の演技に込められているからこそ外国の人にも感動を与える映像になっているのだ。

オリンピックにすべての情熱をかける人達がいる。そしてオリンピック出場が叶わぬ種目に魂を込める人達がいる。

私達はその「魂」の輝きに出会ったときに深い感動を受ける事になるのだ。

|

ブラノボ村のおばあさんたち-欧州音楽祭で準優勝

アゼルバイジャンの首都バクーで5月26日開かれた欧州の音楽の祭典「ユーロビジョン」でロシア代表の6人組コーラスグループ「ブラノボ村のおばあさんたち」が準優勝に輝いた。まずは映像をどうぞ。

グループはロシア中部ウドムルト共和国の小さな村に暮らす70歳代の女性たちが、地元の教会の再建費用を稼ごうと結成した。ウドムルト共和国とは下記の地図をどうぞ。

民族衣装を着ていて、懐かしいロシア民謡を聞くようだが、その内容はあくまでも明るく楽しい。

「ユーロビジョン」はアバや、セリーヌ・ディオンを輩出した伝統ある音楽コンテストで、そこで彼女たちの歌声と軽快なダンスが大うけにうけ、今もフィーバーしているという。プーチン大統領も祝福し近いうちにむらを訪れる予定だそうだ。

実に可愛いおばちゃんたちだ。健康で長生きで明るいおばあちゃんたちに喝采をどうぞ。

|

台湾から日本へのラブレターpart2~台湾映画「海角7号」君想う、国境の南

この映画、一言で言うとラブストーリーです。そしてもっと強烈に「種明かし」をすると、この映画は台湾という国からの日本という国に向けられた愛の告白映画です。

もちろん内容は主人公のファン・イーチェンと日本人の友子(田中千絵)がいろいろな葛藤を経て結ばれるというラブストーリーであります。しかしその話ならそこら辺にいっぱいあるラブストーリーの映画に比べると見劣りがします。

恒春の付け焼き刀のようなバンドは、中孝介のコンサートの前座を務めるべく練習をしますが、たった2曲の曲がうまく演奏できません。本番は迫る、うまくはならないバンドに愛想をつかした友子は激怒し、日本へ帰ろうと荷物をまとめホテルを出て行こうとします。そこに、バンドのメンバーでもある80歳くらいのおじいさん(月琴の演奏者で台湾の人間国宝)が今夜結婚式があるのでそれに出てくれないかとやってきます。

友子は出席することで、帰国は思いとどまり、その夜、おお酔いをしてファン・イーチェンの家に行きます。そして家の窓ガラスに靴を投げたり、扉をどんどんと叩き泣き叫びます。

「なんで私をいじめるのよ!遠く故郷(日本)を離れ異国の地で一生懸命がんばっている女の子をどうしていじめるのよ!」と。

そして酔いが回り道路に寝てしまいます。そこに家に帰って来たファン・イーチェンに見つけられ抱きかかえられて家の中に入ります。友子はファン・イーチェンのベットで寝ています。

そのシーンの間に結婚式に参加した人達が酔いに誘われて海辺にでて月を見ています。その月は60年前の引揚げ船から手紙を書いている日本人に変わります。そしてその日本人は船の甲板に立っています。そしてその手紙が日本語でナレーションされます。

「夕方日本海に出た。昼間は頭が割れそうに痛い。今日は濃い霧が立ち込め僕の視界を遮った。でも今は星がとてもきれいだ。覚えているかい?

君がまだ中学一年生だった頃、天狗が月を食う伝説を引っ張りだして月食の天文理論に挑戦したね。君に教えておきたい理論がもう一つある。君は今見ている星の光が数億光年の彼方にある星から放たれている事を知っているかい?ワー。数億光年前に放たれた光が今僕達の目に届いているんだ。数億年前台湾と日本はいったいどんな様子だったろう。山は山、海は海、でもそこには誰もいない。

僕は星空が見たくなった。うつろいやすいこの世で永遠が見たくなったんだ。台湾で冬を越すライ魚の群れをみたよ。僕はこの思いを一匹にたくそう。漁師をしている君の父親が捕まえてくれる事を願って。友子、悲しい味がしても食べておくれ。君にはわかるはず。君を捨てたのではなく、泣く泣く手離したという事を。皆んなが寝ている甲板で低く何度も繰り返す、捨てたのではなく、泣く泣く手離したのだと」

このナレーションの間中、台湾人が歌う日本の歌がBGMとして流れています。

この映画がヒットした理由はここにあります。たった二人の恋愛に見せながら実は日本という国が台湾という国を愛しているにも拘わらず、泣く泣く手離したのだよ。と語っているのです。これは台湾の人からすると日本からそういわれたらハートを奪われると言う事です。そしてこの映画は台湾映画史上「タイタニック」に次ぐ興行成績なのです。

台湾の人は今現在まさにこの気分なのでしょう。

映画はその後、ファン・イーチェンの家で田中千絵演ずる友子がその手紙を見て「この手紙は大事なものよ。必ず届けて」といい、その言葉でファン・イーチェンはまた海角7号という昔の地名を尋ね、尋ねそして本当のもう年老いた友子さんに届けられる事になります。そしてその老女の顔は映りません。

この映画には、人物はいらないというか、特定した誰かではないのです。そしてその日本に対する恋情にたくさんの台湾の方が共感したということは、それだけ台湾の方が日本を愛して、愛しているということなのだと思います。


|

台湾から日本へのラブレター~台湾映画「海角7号」君想う、国境の南

東日本大震災に台湾は200億円もの巨額の義援金を送ってくれた。人口2300万人、平均所得が年約2万ドル(日本円にして約160万円位)ほどの台湾がアメリカと同じ位の金額を贈ってくれたのだ。ありがたいと思うと同時に何故そんなに支援するのかよくわからなかった。台湾の義援金についてはコチラをどうぞ。熱い募金活動の様子がわかります。

これは、1999年の台湾中部大地震で日本がいち早く支援をしたことに対する「お返し」だとか、親日だからとかいろいろ言われました。しかし、そういったお歳暮に対するお返し的発想ではない熱情がよくわかりませんでした。

それを探るべく、その答えを知るかもしれないと思い、台湾でアメリカ映画「タイタニック」に次ぐ興行成績を上げたという映画「海角7号」』(原題:海角七號)をレンタルDVDで見て見ました。この映画は2008年8月に台湾で公開された、范逸臣(范逸臣)と田中千絵主演の台湾映画です。中孝介も出演しています。映像は次のものをどうぞ。

最初に日本語で「友子‥‥」とはじまりますがこれがなんと日本上映用に直したものではないのです。初めから
日本語なのです。これが台湾映画の始まりなのです。

内容は、日本統治時代であった1940年代、台湾最南の町恒春に赴任した日本人教師が、日本名小島友子という台湾人の教え子と恋に落ちる。 第二次世界大戦の終戦の後(1945年)、駆け落ちを約束していた友子を台湾の港に残して、彼はやむを得ず内地に戻る引揚船に乗った。そして、日本への7日間の航海で毎日恋文を書き綴るのです。

見ていない方ごめんなさい。でもこの映画そんな昔の恋愛を描いた映画ではありませんでした。上記の説明は大きな骨の部分であるだけです。日本人教師も、そして友子もはっきりとした映像はありません。意識的にはっきりさせていないのです。それについてはまたあとで。

実際の物語は、1945年から60年後、台湾の恒春(地名)で日本の歌手=中孝介のビーチコンサートが行われる。その前座として恒春在住の人達がバンドを組んで歌うというものでした。バンドのメンバー集めから始まりました。そのマネージャーが、たまたま台湾に行っていたファッションモデルの友子(先の友子とは関係ありません)でした。

ボーカル担当の范逸臣ファン・イチェンは郵便配達員で、その中に海角7号(地名)宛ての郵便物を見つけます。しかしその地名はもう使われていなくてどこへ届けていいかわからず、彼は中を開けて見てみます。それは日本語で書かれていて彼には読めません。

その内容は映画のところどころに散りばめられていて、過去と現在がクロスします。現在の物語ではその郵便配達員と友子(田中千絵)の恋愛が描かれています。そして結ばれた二人。友子はその郵便を読んでしまいます。その内容は60年前の日本人教師の娘が、死亡した父親の遺品から投函できなかった恋文を発見し、台湾に届けようと郵送したものだった。
                                                          to be continud 

|