カテゴリー「尖閣諸島関連」の記事

何故!今も中国にODAを続けるのか!

尖閣諸島周辺の日本領海に3日、中国国家海洋局所属の海洋監視船「海藍」3隻が侵入した。中国公船の領海侵入は2日連続で尖閣国有化後は5回目だ。3日午前には、日本の排他的経済水域(EEZ)内で中国農業省漁業局所属の漁業監視船「魚政」の乗組員が、操業中の中国漁船2隻に一時乗り移り、この海域に中国の主権が及ぶ事を主張するパフォーマンス-立ち入り検査をした。

第11管区海上保安本部(沖縄市)によると、「海藍」3隻は3日午後0時35分から55分頃にかけ日本の領海に侵入。海上保安庁の警告に対して、「貴船は中国の領海に入っている。航行を妨害せず、領海から出なさい」と逆に警告してきた。

日本の海上保安庁は中国公船の「立ち入り検査」とみられる行動に「漁業に関する管轄権を行使しているのであれば認められない」と警告すると「魚政」は「ここは中国の管轄海域。正常な公務を行っている」と応答してきたという。

中国は反日デモの中でデモだけではなく、日本人への暴行、イオンにみられる日本の建物の破壊、そして物品の略奪を行った。もはやこれはデモではなく泥棒、強盗だ。それを何故日本政府はつかないのか!壊されて、盗まれてそれでいいのか!

中国が日本を抜いてGDPで第2位になったのは誰のおかげなのか!中国の発展を支えてきたのは日本ではないか!ODA(政府開発援助)は、日中国交正常化後の1979年から今日まで33年間途切れる事なく続いてきた。そのODAなる資金はすべてわれわれ日本人の税金が原資となっているものだ。そしてその額は膨大で2008年までで、3兆6000億円がつぎ込まれた。

おかげで中国のGDP(国内総生産)は大幅に伸び2008年に一部が終了するなど見直されたが、それは円借款(有償資金協力)が終わっただけで「無償資金協力」と「技術協力」はその後も続いたままだ。

ODAとは外務省が主導して日本単独で行う二国間援助のことで、もう一度いうが2008年までで3兆6000億円が中国につぎ込まれた。もちろん中国が日本に援助することなどない。そし有償資金協力がなくなり、返さなくてもよい「無償資金協力」と「技術協力」は今も続いているのだ。かつてあの貧乏な中国を日本は深い慈愛だか、陰謀だかわからないがとにかくよく面倒をみた。

だが「親の心、子知らず」のように中国は日本を脅すりっぱな(?)ヤクザに成長した。

「無償資金協力」は文字通り返済義務がない。「技術協力」は研修員の受け入れや中国への技術専門家の派遣などのことをいう。

外務省によると、10年度「無償資金協力」は14.7億円、「技術協力」は34.7億円だそうだ。さらに11年度「無償資金協力」は7.2億円、「技術協力」は30.6億円だそうだ。1979年からの累計にすると、「無償資金協力」は1565億円、「技術協力」は1769億円にものぼっている。

ODAのほか、国際機関を通じた「多国援助」というのもあり、日本が最大出資国の「アジア開発銀行」を介した対中融資は昨年末現在で約2兆202億円が行われている。そのうちの出資比率から計算すると日本からは3198億円が渡っている。そのほか環境省や文部科学省などの各省庁も中国と共同事業を行っていて、これらすべてを合計すると6兆円を超える規模になる。

極貧の中国を誰が今の近代的中国にしたのか!日本は感謝されるべき存在であるはずだ!恩をあだ返す中国は、「南京大虐殺」だの東シナ海のガス田開発だのといった無礼千万だ!そして今また尖閣だ。

私達はこのヤクザ国家にまっとうな人として抗議しなければいけない!

この泥棒に物をくれるような対中ODAと技術協力は止めてもらいたい!

皆さん、是非このODAと技術協力を止めるよう外務省に電話をしましょう!

外務省の電話番号は03-3580-3311です。是非抗議の電話を!
              

|

尖閣諸島-シナとの裏取引

尖閣諸島は突然国有化になってしまったが、その事情はまるでみえません。次の映像は8月31日の石原都知事の定例記者会見のもようですが、その中でシナとの裏取引について語っていますのでご覧下さい。13分13秒頃からが見ものです。

この映像もいつ消されるかわからないので書き起こしておきます。

石原都知事 「NTVいる?日本テレビ。この間ね、あなたのとこの記者が突然ね、一社だけやって来たの。それでね、どういう二ュースソースか知らないけどね、中国側がね『(日本)政府が(尖閣を)買ったうえで、何もしない、何も作らない、人も置かないっていうんだったら、我々(中国政府)はこれ以上、尖閣について口出ししない』って言ったけど、どう思いますか?って言うから。僕は初めて聞いたニュースだしショック受けた。それがもしシナの政府が言ってきたとしたら、まさに内政干渉だしね。そのねー他国が持っている領土の中に他国が何を作ろうが作るまいが勝手な話だけど、『それをしないなら許してやる』みたいな話ってのは…。どういうニュースソースなの?あれ。あなたのところで報道したんでしょ?あれ」

日本テレビ女性記者 「今日私は代理で来ておりまして、担当者が…」

石原都知事 「男の記者だったよ」「で、同じ局でわからないの?そういうこと」「あのニュースだけど、他には出ないね。出ないとしたらガセか」

中国人女性記者 「ありますよ。中国の方では出ました。中国政府が秘密の要求を出して、それをするんであれば、日本が実際に管理するのは口出さない…という趣旨のニュースがありました」

石原都知事 「(苦笑)ね、おかしな話だね。あ、そうですか、向こうのニュースでは出てるんですか」

中国人女性記者 「一昨日ぐらいに」

石原都知事 「なんで日本のもっと大きなメディアは報道しないのかね?」

中略

中国人女性記者の日中の報道について要約

日本と中国のあいだには、日中記者交換協定がありそれはかつて田川誠一(たがわ せいいち、1918年6月4日 - 2009年8月7日)は、日本の政治家。元衆議院議員(11期)が決めたそうだ。そして田川誠一のいとこに河野洋平がいる。決めた事は次の3つです。

1、日本政府は中国を敵にしてはいけない

2、日本政府はアメリカに追随して2つの中国の陰謀はしない

3、日本政府は中国関係は正常に向かう事を妨げない

要するにこの度の尖閣国有化は中国政府から要求されて行ったという事です。日本はもはや日本ではなくなっているのかもしれません。見えないように。静かに。


|

石原都知事「尖閣寄付金への感謝と維新塾」-定例会見2012.5.18

石原都知事が本日の定例会見の中で6月にも政治塾「日本維新の会」(仮称)を発足させたいとの意向を表明した。映像は次のものをどうぞ。

この中で、政治塾は、たちあがれ日本の人材育成塾を母体とする予定で、次期衆院選をにらみ、第3極の結集を目指すとした。石原氏は先月、新党構想の「白紙」を宣言していたが、構想の具体化に向けて再始動した形だ。

石原氏は、昨年1月に開講したたちあがれ日本の人材育成塾について、「すでに優秀な人材を収れんしている。さらに拡大した形で、積極的に手伝って人材を育てたい」と述べた。大阪維新の会については、「東京と大阪が連携して新しい人材を政界に送り込む。全体で『日本維新の会』のようなものを作っていきたい。6月に大阪とも話して具体的なメッセージを発したい」と語った。

|

尖閣寄付金に石原都知事感謝のメッセージ

石原都知事は5月11日正午現在で、都庁の尖閣諸島購入寄付口座に35.821件、469.796.129円が集まった事に対し、「国が何もしないなら、自分達の手で国を守りたいという意識の表れ。日本人も捨てたものじゃない。うれしさで胸がいっぱいだ」と述べた。

「今年になってから、シナ(=中国)が『日本の尖閣諸島の実効支配を俺たちは壊す。そのために果敢な行動を取る。そのための艦船を含めた機材も調達して、強化する』と言っている。外国がお前の家に強盗に入るぞということを宣言しておりながら、着々とその準備を進めていながら、国はそれに対処しようとしない。東京がやるしかない」と民主党政権を痛烈に批判した。


都は石原都知事直筆による感謝のメッセージをホームページにのせている。是非ご覧下さい。アドレスはこちら。
http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/governorMSG.pdf

メッセージ全文

「御協力ありがとうございました。心より御礼申し上げます。みんなでこの国を守りましょう。東京都知事 石原慎太郎」

また、寄付した人の住所がわかる場合、礼状が郵送されるとの事だ。

「東京都尖閣諸島寄付金口座」は

みずほ銀行 東京都庁出張所

普通預金1053860

口座名義は「東京都尖閣諸島寄付金」

振込手数料が発生した際は、寄付を行う本人の負担となる。募金の趣旨などについては都の専用ホームページで案内している。コチラをどうぞ。

国土を守るという行動が国ではなく、地方が動くということは現政権が国民の考えや望みから完全に遊離している事を意味する。後の世から見ると、今、この時点が「明治維新」や「終戦後の独立」のような激しく変わる歴史の分岐点なのだと思います。

今後も石原都知事は、朝日新聞や毎日新聞、日経新聞、東京新聞、中国の外圧、中国から応援をもらっている議員連中から、どんな虐めを受けるかわかりません。どうかみなさん 石原都知事を応援して下さい。みんなで石原慎太郎氏を守りましょう!

|

中国中央テレビ(CCTV)・の石原都知事への・罵倒・に表れた対日警戒心

永 山 英 樹氏ブログ要約  http://mamoretaiwan.blog100.fc2.com/blog-entry-1841.html

石原慎太郎東京都知事が尖閣諸島購入計画を明らかにしたことを受け、中国国営CCTV(中国中央テレビ)のニュース解説番組「ニュース1+1」は四月三十日、「釣魚島購入:狂言!滑稽劇!」と題する報道を行ったが、「狂言!滑稽劇!」との感情的な罵倒表現の裏に見て取れるのは、領土主権を強く主張し始めた日本に対する中国の警戒心(恐怖心)だ。

それではいったい日本の何を警戒しているのか。以下に番組の内容を検証したい。

■中国に利用される日本メディアの反石原論調

番組はまず、ヤフージャパンが四月十七日から二十七日にかけて実施したネット投票の結果、東京都による尖閣諸島の購入に「賛成」の回答が九二%にも達し、それに中国のネットユーザーたちが憤っていることを伝える一方で、日本国内には購入に反対の声があることも強調しようと試みる。

かくしてスタジオのキャスターが中継で呼び出したのが、CCTV駐日特派員の張浩宇氏だ。

画面に登場した張氏の背後には新宿の高層ビル群が。おそらく日本支局を置くNHK放送センター内にいるのだろう。(中国中央テレビはNHKの渋谷センター敷地内に置かれ、中国に関する日本のニュースにまで意見をさしはさんでいる)

日本の公共放送局の施設を使用し、張氏は一体いかなる解説をしたかと言えば、まず「日本の主要メディアの大部分は否定的な態度だ。明確に賛成を表明するのは産経だけ」とした上で、「朝日は石原氏が外交に干渉するのは無責任と指摘し、毎日、読売、日経は領土問題は国家が解決すべきと論評。東京新聞は都税は民政方面で用いるべきと主張した」と伝えた。

日本の主権を脅かす国に、ここまで宣伝で利用される日本のメディアの愚かさ、有害さを思わずにいられない日本のメディアについてはコチラをどうぞ。

全国第3位という甚大な発行部数を持つ創価学会の『聖教新聞』は、北海道から沖縄まで全国37ヶ所の、おもに毎日新聞社系列の印刷会社(関東は東日印刷、関西は高速オフセット、また読売新聞や朝日新聞、ブロック紙、地方紙の工場にも印刷を委託している。

聖教新聞の約半分に匹敵するほどの膨大な発行部数を持つ公明党の『公明新聞』は、毎日新聞社グループの東日印刷である。

■石原氏を孤立へと追いやりたい中国の策略 

高氏はさらに「釣魚島は日本の政界では有効なカード。石原氏はそれで保守派を団結させ、新たな政治勢力を形成しようとも考えている。そうした目的は達成されており、今月の野田内閣の支持率は一〇%下がり、石原新党への期待値は六%を上がった。よって石原は中国に対する日本右翼分子というより、自己利益のためなら手段を選ばない投機者と言った方がよい」と断じた。

そして、「野田氏は購入構想に乗り気なわけではない」と分析。

これを受けてキャスターは「主流メディアも政府も石原氏の言論にはあまり支持していないことがわかった」と結論付けた。

中国政府は目下、国内の反日世論の激化を懸念し、購入計画は石原氏など一部の右翼勢力の企みだとする印象操作を行っているが、このように石原氏の孤立化を図ろうとする策略が、ここでもはっきりと反映されていた。

■石原氏を悪玉に仕立て上げる悪意の印象操作 

「それでは石原氏はなぜあのような言論を行ったのか。そして石原氏とはいかなる人物なのか」と続けるキャスター。いよいよ石原氏を悪玉に仕立て上げる宣伝工作の開始である。

石原氏のニュース映像とともに、次のようなナレーションが続く。

―――「私は反米ではなく嫌米。反中でもなく嫌中」。これは十一年十月に石原氏が中国メディアに取材に対して見せた態度だ。その石原氏の言動が再び震撼をもたらしている。この狂人の狂気は一体どこから来るのか。

―――「なぜ私を右翼と呼ぶのか。多くの人が誤解している」(石原氏)。これは石原氏の弁解だ。しかしこのような「誤解」はまさに長年の極端な言行に起因している。

―――七三年、つまり中日国交正常化の翌年、自民党の右翼議員たちは反国交回復の青嵐会を結成し、石原氏は幹事長を務めた。七八年、石原氏は青嵐会メンバーを率いて釣魚島に所謂灯台を設置。九〇年には米誌の取材に対し、「南京大虐殺は虚構」と発言。都知事に就任後も侵略時代の中国への別称「支那」を用いている。〇〇年四月には独メディアに「中国はいくつかの小国に分裂すべき」と語り、〇三年に都知事に再選されると、都内の公立学校の入学、卒業式などで軍国主義的色彩を持つ国歌君が代を歌うよう強制。二百四十三人の教員が拒絶して処罰を受けた。〇五年五月には争議の的である沖之鳥礁(沖ノ鳥島のこと)公然と上陸した。

ちなみに「国歌強制」云々のくだりでは、観閲式で行進する自衛官と、それを観閲する石原氏の姿が映し出すなど、石原氏が軍国主義者であるかのような、巧妙な印象操作を行っている。

もしCCTVと協力関係にあるNHKがこうした映像を提供しているのなら、東京都知事に対する悪意に満ちた政治宣伝に利用されていることを直視し、「協力」を見直すべきだろう。

■日本国民の尖閣購入資金の寄付を恐れる中国

さて、ここまで石原氏を扱き下ろしたのち、キャスターが「石原氏は日本の右翼勢力の代表的人物。いつも狂言を繰り返している」と総括。

そして著名な日本専門の御用学者である中国社会科学院日本研究所の高洪副所長を中継で呼び出して、「石原氏は島を購入したがるのは人気集めのためとしか思えないが、本気で購入する気なのだろうか」と聞く。

これに対して高氏は次のような見方を示した。

―――政治ショーの要素が相当ある。中国を挑発して政治的影響力を高めようとしている。これは彼の極端な民族主義の立場に符合しているだけでなく、そこには内政、外交上の複雑な政治的な企みが含まれているようだ。石原新党のためでもあるだろう。

―――ショーだというのは、現在政府は二千四百五十万円で島を借りているが、彼が今のところ集めている寄付金は数十万円で、一カ月の賃貸料にも足りない。(5月1時点で5,428件 76,007,211円)

―だが危険なのは、彼がこの手の手法(寄付金募集)で中国を敵視する民族感情を煽り、右翼集団の社会運動を形成し、日本の政治的発展の方向を改変することだ。これは最も危険なことだ。

これを聞けば明らかなはずだ。中国は日本国民が中国を恐れることなく、領土防衛の意識を高めるのを確実に懸念しているのである。

そもそもあの国の覇権主義の拡張政策は、まずは周辺諸国への恫喝から。それが効かないとなれば、にっちもさっちも行も行かなくなる仕組みなのだ。

■中国には衝撃となった日本と米国の牽制 

次いで番組が取り上げたのは、購入計画に当惑する一方で、一度は島の国有化の可能性に言及した日本政府の態度についてだ。

次のようなナレーションが流れた。

―――日本政府の釣魚島購入問題に対する態度は見分けがつかないが、その一方で争議を呼びかねない姑息な動きも絶えず見せている。産経によれば自衛隊は米軍と共同でフィリピンの軍事基地を使用する考えだ。

―――目下、東海(東支那海)と南海(南支那海)での情勢が緊張する中、日本のこうした動きは、どさくさに紛れて中国を牽制し、釣魚島問題で有利に事を運ばせようと企んでいるものと一般には見られている。

そして再び高氏が登場、「日本政府は石原氏の言論を特に支持はしていないが、歴史や日本の長期的発展の態勢を見る限り、長期的な方向では石原氏と大差はないのではないか」とのキャスターの質問に対し、こう答えた。

―――日本の政府、首相、外務省は釣魚島の盗取、占有の問題に関しては、石原氏と立場は一致している。ただ目標は同じでも手段、手順は異なる。政府から見れば釣魚島を巡る争いは中日関係のすべてではない。やはり両国関係の大局を配慮し、今年が国交正常化四十周年であることも考慮し、すでに中国と国民交流友好年の活動を行うことでも合意している。そのため政府は右翼の政治家とは異なり、狂言を弄して摩擦を激化させるようなことはしない。

ASEAN諸国を恫喝し、南支那海での支配を強化を進める中国の前に立ちはだかり始めた米国の「アジア回帰」と、それに励まされるフィリピン、ベトナムなどの抵抗姿勢に加え、日本が米国とともに中国の海洋進出への牽制に乗り出したことは、中国にとっては大きな衝撃となっているわけだ。

■恐れてはならない中国との摩擦 

そうしたなかで日本政府が、一度は石原氏の尖閣諸島の実効支配強化の動きに歩調を合わせるかのように、同諸島の国有化の意向を仄めかした。

そしてわずかそれだけで中国は、やがて石原氏や、それを支持する世論の影響を受け、再び強国への道へと進み、中国の拡張政策に対抗するのではないかと警戒しているのである。

番組の最後でキャスターは、日本に対してこう訴えた。「日本では一般的に温和な政治家の政権は長く続かず、それに対して一部の極端な政治家は往往として民意の支持を受けている。今年は中日国交正常化四十周年。私たちは中日が不惑の年齢を迎えたなか、疑惑の声が上がらないよう希望する」と。

傲慢なものだ。日本の政府も国民も、中国の海洋への勢力伸長を大人しく受け入れ、摩擦、対立を回避するべきだと呼び掛けているのだ。

実際に日本の政府もメディアもこれまで中国の恫喝に屈服し、そのようにしてきたわけだ。

国民世論の力で「日本の政治的発展の方向を改変」させよう。それをしなければ中国の拡張に対し、何の抑止効果も生まないのである。

|

尖閣諸島を売ってくれと栗原氏に頼んでいた中国

あれだけ尖閣諸島は自国の領土だと主張し、自国の領土なら買う必要もないのに確信犯の中国は栗原さんに尖閣諸島を売ってくれるように頼んでいました。

領土問題を徹底取材しているフォトジャーナリスト、山本皓一氏による栗原弘行氏への単独インタビューです。

石原都知事が購入の意向を表明した尖閣諸島。地権者(栗原国起氏)の実弟、栗原弘行氏は、中国関係者の札束攻勢があったことを明かした。東京都の石原慎太郎知事(79)が「都が日本の領土を守る」として、尖閣諸島の購入交渉を進めていることを明らかにしたことで、国内外でさまざまな反応が出ている。こうしたなか、同諸島の魚釣島、北小島、南小島を個人所有する地権者の実弟、栗原弘行氏(65)が、石原氏への思いや、巨額な数字を提示した中国関係者の存在、日本政府への不信感などを一気に語った。一瞬唐突にも思えた石原氏のワシントン発言だが、日本人の国家意識・領土意識を、これだけ明確に世界に向けて発信した人物は少ない。

山本氏「事前に『発言する』と聞いていたのか?」
栗原氏「知らなかった。ただ、昨年から石原氏と売却交渉をしてきたのは事実だ。まだ、100%合意まではいっていない」
石原氏が1977年に尖閣諸島を船上から視察して以来、栗原家は、尖閣に関する問題提起を続けてきた石原氏を高く評価していた。「売却するなら国か自治体」と考えていた栗原家としては、信頼できる人物と売買交渉のテーブルに着いたようだ。

実際、日本政府をはじめ、政治家や日本人企業家、公然と中国人と名乗る人物まで、数々の買収のアプローチがあったという。

栗原氏「例えば、中国側の誰かが天文学的な金額を…」
山本氏「天文学的とは?」
栗原氏「最大で350億円っていってました。過大評価してる部分があるのは、(地下資源の)埋蔵量が300兆円って数字が出ちゃっているからですね」

側でメモを取っていた栗原氏の秘書が「実は、この間も来たんですよ。『日本のコンサルタント会社』って言ってました。一応、日本人のようでした。(栗原氏には報告せずに)私で止めましたけど…」と語った。
栗原氏「そんなのは面倒だから、僕の耳には入れないからね」

石原氏はワシントンでの会見で「購入価格はそんなに高くならない」と語った。関係者は「10~15億円になる見込み」と明かす。また、東京都の猪瀬直樹副知事は「全国から寄付が集まると思う」と語った。
尖閣諸島は明治初期、福岡県の古賀一族が探検・開拓した。戦後、栗原家は島を譲り受け、現在に至るまで所有している。各島の所有権はどうなっているのか。

栗原氏「北小島と南小島は2002年に、私から兄に名義を書き換えた。これは内閣府の『所有者を絞りたい』との意向もあった。兄が魚釣島と合わせて3島を所有している。(米軍演習場がある)久場島は妹の栗原和子が持っている」

私(山本)と、栗原弘行氏の付き合いの中で感じるのは、弟(弘行氏)が栗原家のスポークスマンを務め、兄や妹との間にワンクッションを設けていることだ。もし、兄や妹が発言をすると、それは最終結論と取られかねない。慎重かつ現実に即した“役割分担”のようだ。

インタビューは、私が尖閣沖での調査漁労に同行した話から、日本政府の一連の対応に展開した。
山本氏「調査漁労に同行したが、日本漁船が漁をするには危険が大きい。加えて、地元では中国漁船への危機感も高い。これを解決するには、魚釣島などに避難港や無線基地を建設するのが有効だと思う」
栗原氏「大いにあり得ることだ。実際、1979年に、当時の大平正芳内閣が政府の合同調査を行った。その際、設計士である私自身が、尖閣諸島に建設する避難港のキープランを担当した。結局、この計画は、大平首相が急死して頓挫してしまったが…」
山本氏「それは知らなかった。現在も、避難港や無線基地の建設には賛成なのか」
栗原氏「賛成か反対か以前に、日本政府の姿勢が定まらないことが問題。大平首相は確固とした信念と意思を持って事に当たっていたが、今の政府は『領土問題は存在しない』と言うだけで、具体的にどうやって尖閣諸島を守るかを明確にしていない。海上警備のための法整備も、いまだに整っていないじゃないですか」

山本氏「一昨年の中国漁船衝突事件も、そのスキを突かれて起きた」
栗原氏「法整備が第一。日本政府の覚悟や姿勢があやふやなままでは、『建設を許可してくれ』といわれても、返答しようがない」
山本氏「政府の覚悟があれば、港や無線設備の建設は可能。そうなれば、漁業による経済活動などを日常的に継続できるようになる。実効支配の強化に繋がります」
栗原氏「その通り。日本の国土として、国益にかなった実効支配ができればいい。豊かな水産資源を活用して、国民の食生活を豊かにすることも国益でしょう。尖閣諸島を開拓した古賀辰四郎氏が魚釣島でカツオ節工場を経営した事実が『実効支配とはどうあるべきか』を教えてくれる。古賀家から島を譲り受けたわれわれは、その精神を継承していきたい」

石原氏と栗原家は「領土を守りたい」「国益を守りたい」という一念で繋がっているようだ。

インタビューは以上です。

自国の領土と言いながら、裏ではちゃっかり日本人から購入計画も進めているシナ。この方法で日本をもう一度日中戦へと引きずり込むつもりなのかもしれません。

|

石原都知事世紀の講演part6-「憂国」

そしてその灯台が光を発光しだしたら、外務省の馬鹿がね、「海図に載せろ」って言ったら「時期尚早」て、「時期尚早」って何ですか?日本の国土にね。日本人が作った灯台に灯をともすのね、チャートに出さなかったらかえってあぶない。僕なんてヨットやってるから、今はGPSが発達しましたからね。あの灯台なんだかわかんなかったらぶつかったら、さんご礁も多いところだし、とにかくね、「載せろ」といったら載せなかった。

私の息子が国交省の大臣になったんで、「お前頑張って載せろ」って言って、押しきって日本人が作った尖閣の灯台にね、日本国保安庁これを作るというプレートをやっと貼らせた。

その尖閣も今の政府の姿勢じゃ危ない。私はね、あの栗原さんって言う人良くしってましてね。本当はその学生達にちっちゃな灯台作ってもらった時に、その時の島の持ち主は古賀さんて言うんですが、沖縄の人でね、古賀さんの所へ行ったら旦那さんが亡くなっていて、未亡人になってて、いや残念ながらついこの間、大宮の栗原さんに買いたいというから売りましたと。あたし栗原さんの所へ行きました。政治家に一切会わないと言いました。やだからと。

ところが栗原さんの家を取り仕切っているおばあちゃんのね親友ていうのが私の父ー昔歌手だった親父が支店長している時に次長になったひとだったんだ。未亡人でね。仲いいんだ。その人が取り持って会いましたがね、おばあちゃんがね、戦争中、広大な土地に(国が)飛行場作るっていうんでねただで摂取されて私のところはどんどん摂られてね。お屋敷だって何千坪もあったのにね区画整理で削られてこのざまです。

私の方で政治を信用してませんから、絶対に政治家に預けません。石原さんには石原さんで会いましたけど私達は私達で(尖閣)守りますからって。そのおばあちゃんが亡くなって、ちょっといろいろ事情も変わってきましてね。そして今の宗主者が栗原さんで私と話をするというんで会いました。そしてね東京が買う事に致しました。東京が尖閣諸島を守ります。

あそこは立派な漁場になりますしね。沖ノ鳥島だって台湾やシナや朝鮮の船が来て乱獲したらね、あたしが船作って守らせる為に組合長や地方が頑張ってあそこに漁礁作って日本の漁船が行くようになったら外国の船をおっぱらえる。尖閣はもっといろんな意味があるでしょう。ということでしょう。まー、どこの国がいやがろうと、日本人が日本の国土を守る為に島を取得するのに何か文句ありますか?ないでしょう。やる事を着実にやらないと政治は信頼を失っていくしね。まーそういう事をこれから認識しあう事で、まさか東京が尖閣諸島を買うって事でアメリカが反対することはないでしょう。(石原都知事はヘリテージ財団側に顔を向ける)ないでしょう?(笑)これで安心して終わります。(拍手)

以上が石原都知事がヘリテージ財団で言った講演を書きおこしたものです。もう少し省略したらよかったのですが、この講演の内容が曲解されることのないよう細かく起こしました。石原都知事の考えや発言を皆さんに本当に知ってもらいたいと思ったからです。そしてこれは世紀の講演だからです。はれて尖閣諸島が東京のものになるまで、中国が黙っているのか?戦闘状態に発展していくのか?これまでの占領基本法=日本国憲法でいいのか、いろいろな問題を石原都知事は広げて見せたのです。これは友人である三島由紀夫氏から引き継いだ「憂国」の講演そのものなのだと思います。私達も日本の国土を守る為にできる限りの協力をしていきましょう!

都は27日、「尖閣諸島寄付金」の受付口座を開設しています。みずほ銀行東京都庁出張所「普通預金1053860」。口座名義は「東京都尖閣諸島寄付金」。振込手数料が発生した際は、寄付を行う本人の負担となる。募金の趣旨などについては都の専用ホームページ(http://www.chijihon.metro.tokyo.jp/senkaku.htm)で案内している。

|

石原都知事世紀の講演part5-「でね、東京都は尖閣諸島を買います」

日本はですね、中曽根さんの時代に次期戦闘機、素晴しいもの作ろうと思ってね。あの頃はステルス戦闘機がなかったんだけども、これを持ってこられるとどんな空中戦でも、どの飛行機もかなわない。と言う事は宙返りサマソルトの半径がF15の半分なんだ。後ろにくっつけられても宙返りして相手の後ろにくっついちゃう。これはね。(アメリカの)ものすごい圧力で涙を呑みながら三菱重工はあきらめた。その代わりアメリカはねF15がその時の世界最高の戦闘機だったんで、これを日本とアメリカでもっと改良してね、F15のスペシャル版をね、日本とアメリカだけで使おうと言う事になり、なさけない事に三菱重工は折れたんですよ。

本当は作っておけばよかったんですよ。アメリカが作らせなかったんだ。今そんな事言わないだろうね。本で作った優秀な戦闘機を売ったらいいじゃないか。アメリカに。あのステルスなんてね。田母神さんが言ってたけど、あの上に乗ってるレーダーてのは日本でしかできないんですよ。そんなことも知ってか、知らずか、知らんけどね。しかもあのステルスですか、日本もそれ買いますって言ったら売ってやってもいいけどライセンス生産させない。いっさいブラックボックスの中に入れてね。値段はアメリカで買う値段の2倍もする。こんな馬鹿な買い物をしてね。さっさと日本で作ったらいいじゃない。私はね出来ると思いますよ。

ま、いずれにしろね、そういう事やる為にもね、とにかくね、日本は日本の自力でやれるところまでやるぞという日本の持っている軍事力の技術的ポテンシャルを見せる必要がある。その為には実際に仮定機作らなくても、シュミレーションやったらいいの。やりだしたところでみな、ざわざわするんだ。ましてそのコンベンショナルストライクミサイルはやろうと思えば出来るんです。

それでもしないと中国はあれでしょ。尖閣諸島を日本が持って実効支配してるのをぶっ壊す為にあそこでもっと過激に動きだした。これどういう事ですかね。あれ日本の固有の領土でね、沖縄返還する時にあそこの島も全部返ってきたんだ。あれはね沖縄てのは非常にシナの多いところで(沖縄返還の時)私その時も随員ていうか、オブザーバーでいましたんです私。あれはヨットでやると同じようにポイントを決めてね、それを結んだ7つか8つの線から南にある海上の突起物は全部日本のものとみなして返すという条文にしたんですよ。で、返ってきたんですよ。

この尖閣(中国は)「俺達のもんだ」って言い出した。とんでもない話なんだ。でね、「東京都はあの尖閣諸島を買います」「買う事にしました。たぶん私が留守の間に実務者が決めているでしょう」「東京が尖閣諸島を守ります」東京が買うぞって言ったらあの栗原さんだってこわごわこわごわ本当に迷いながら、本当は国が買い上げたらいいと思うけど、国が買い上げるとシナが怒るからね。なんか外務省がびくびくしてやがる。あそこに最初に灯台作ったのは僕ですよ。仲間と貯金して、そいでちっちゃな灯台なんだけどね、漁師に喜ばれた。そしたら日本青年社っていうね、右翼の団体が、あれ金もってるんだね。私達がやりますって頼んだから立派な灯台作った。そして足りないところがあったら直させるよって私、水曜日に(尖閣に)行ってこれとこれなおしてくれてんで立派な灯台つくったんだ。

元衆議院議員西村眞吾さんと日本青年社の尖閣諸島上陸映像がありますので次のものをどうぞ。西村さんの映像は1分14秒から9分47秒まで、日本青年社の映像は9分47秒から14分31秒までです。

|

石原都知事世紀の講演part4-コンベンショナルストライクミサイル

だけどその時佐藤さんはドイツと一緒に核兵器開発しようと考えて村田りょうへいという、これドイツ語の名人なんだけど、彼に命じてドイツと交渉する。ドイツはね。東ドイツの問題があったりね、ちょうどチェコのプラハの春というんでね。ロシア軍が侵入してきて押さえつけた。で神経質になってね。いまは時期じゃないってね。結局ブラントンの時代になってから強引にね。要するに中距離ミサイルの配備をドイツにさせて、その条約の中にドイツも一緒に引き金を引くという条項を入れた。

日本はアメリカさんまかせ。ではそれでは日本はどうしたらいいの。核持ったらいいんじゃないのとキッシンジャーはこの頃言ってるそうだよ。それを取材したキザワ君が面白いんでね。シュレジンジャーの所(共和党)へ行ったら、それはそろそろ日本も核持たしてやる。アメリカもたいへんだと言ったと。どこまでリップサービスか知らないけど、ですからねオバマが要するに世界中の核兵器無くそうと「YES WE CAN」とかっこのいい事いっている。ノーベル賞なんてインチキだからなんでもすぐくれる。

ノーベール賞ってかなりインチキなんですよ、これ経済学者なんてねアメリカの経済学者が作った会社なんてみんな潰れちゃった。(笑)平和賞もね。かなりいいかげんだ。オバマはもらった。それで2ヶ月もたたないうちにアメリカは新しい核の開発してるんでしょ。シュミレーションならいいんですか。だったら日本もシュミレーションやったらいい。今、核開発のシュミレーションやりますっていうだけで世界が緊張するし、抑止力になるんですよ。そんくらいの事考えて、それが外交のタクティクスなんだ。

でもね、日本は核兵器持ってね、それから先がたいへんでしょうな。アメリカの人は知らないかも知れないけど日本はマージャン知っているから。マージャンはね。上がる為にイーハンつけなきゃだめなんです。イーハンって役ですね。世界の国際政治の中でね。核持ってる事はイーハンなんですね。だからミャンマーみたいな完全な軍事政権でもね。徹底していじめられてるのは北朝鮮。どうですか。アメリカなんて人がいいから食べ物なんか送ったりして、なんだかんだいいながら騙されて、たんびにひっくり返されている。今度はさすがに食料の援助はしないだろうね。

だけどねそういう事なんだ。駆け引きを持っていても実際にはなかなか使えませんし、使える状況じゃない。でも(核)を持たなきゃ物が言えない。そういう不思議なメカニズムになっている。ですから日本はね、何が出来るかといったら、こないだ日本人が始めたあの快挙!40億キロ飛んで還ってきたあの「隼」。あれをね、一番驚嘆して評価しているのはアメリカの技術者ですよ。あれはね、とんでもないロケットを発射してその先についている宇宙船をですねすべて打ち落とした技術を開発したってシナ今いばってるからね。シナのロケットなんて飛びやしない。

とにかく40億キロ飛んでいって火星の向こうの小さな惑星から土を拾ってきて還ってきて、しかも正確に途中故障しながら自分で直してオーストラリアの平原に予定通り落ちたでしょ。この正確な帰還ってむずかしい技術なんです。この「打ち上げ」とね「40億キロの飛行」とね、それから「正確な帰還をやった」技術3つあわせて日本はなにが出来るかといったら、アメリカは核を気にしながら次の戦略兵器で解決させるコンベンショナルストライクミサイル。これはですね日本だったら簡単にできますよ。やるか、やらないかは日本人の政治家の度胸の問題なの。普通の通常兵器なんだから。核弾頭積んでいないんだから。だからね、これね、2000キロ3000キロ飛んでね、このごろGPSが進みましたから例えば東京をですね2000キロ3000キロ先から打とうと思ったら今の技術でできる。

だからシナの大将がなんていう人でどこに住んでるか調べりゃわかるの。「あんたヘンな事言ったらお宅のベッドルームへ爆弾落としますよ」っていうの。そういうコンベンショナルストライクミサイルを日本だったら出来るんですよ。アメリカがやってくれっていうけっこうな事言ったら日本はすぐやってあげればよろしい。

せっかくお招き頂いて、嫌な事いうみたいなんだけどアメリカはもうそろそろ日本をね対等なパートナーと扱ったらいいと思うね。

例えば日本の航空機産業をアメリカは徹底的に弾圧してきたの。YS11という中小型タイホープワークの飛行機を作った時に、あの販路を私達は東南アジアに求めていたが、これはねアメリカが妨害して潰したの。同じような型の飛行機を作っていたインドネシアIAEAの飛行機も潰された。その時のインドネシアの飛行機を潰したのはあのロッキードのコ-タンとクラインですよ。クラッターですよ。

私は航空機産業は育った方がいい。それはアメリカの特に戦闘機の為になる。アメリカの軍用機の先端コックピットはすべて日本製ですよ。これは日本でしかできない。中にある計器もクリスタルキッドもね、液晶体もね、これ戦闘機が急上昇したり、急降下したりすると温度の差で濁ってくるからね。日本製しか使えない。

クリントン政権の最期の頃、日本がですね、アメリカンソニーっていう会社がプレイステイション2ていう子供の遊び機器を作りました。これに搭載されているマイクロチップがね。積載の数字を集めたらアメリカの宇宙船に搭載されている倍くらいあった。子供の機器にね、こんなものあるんじゃとんでもないって、アメリカは慌ててこれは中国には絶対売るなといいにきた。

同時に悔しいんでね、軍用機のコックピットやセラミックや液晶体を何とか自分で作ろうと言う事で通産省はずいぶん反対して抵抗したんだけど押し切られて作っている日本の会社は企業秘密なる生産工程まで見せた。そして結局どうなったかというと「こりゃダメだ」と日本と同じようなものを作ろうとすると日本の金の倍かかって、ようするに時間もお金もかかってやっぱり日本から供給させようという決論がでた。ま、そういう経過がありましたね。

|

石原都知事世紀の講演part3-「日本はアメリカのおめかけさん」

これあんがいみなさんわからないかもしれませんが、日本の閣僚は昔は優秀でよかったけど今非常に悪い。自分の利益ばっかりになった。官僚が軍隊になっちゃた。絶対的存在になっちゃたんですよ。日本の政治家がそれに使われる。いくら行ってもだめ、結局役人のいいなりになっちゃう。

大体あれでしょう。日本の皆さんならわかるかな。あのちっぽけな四国という島にね。瀬戸内海から3本の橋を架ける。もうかるわけないでしょ。こんなもの。福田内閣で決めたから「どうせ考えても無駄だからおよしなさい」って言ったら誰もいわない。最期に福田さんが「君、余計な事言うな!もう決まってることなんだ。ちゃんと合理性があるんだ」(石原氏)「そら福田さんあんたね、かってな数字作ったんじゃないの?」って言ったら、僕は福田さんにずいぶん可愛がられて閣僚にもしてもらったけど怒られました。

それでねそういうことが起きる背景に、これも主要矛盾なんだけど外国の人は怪訝に思うでしょうけど日本の国家の会計制度っていうのはバランスシートがないんです。単式簿記といって大福帳と同じなんだ。ですからね。どんな国でも発生主義複式簿記でやっているのに、おそらく先進国の中で単式簿記でやっている馬鹿な国はこりゃ日本だけでしょう。

複式簿記・発生主義をやらなかったら何が悪いかって言うと財務諸表がないんです。日本の国は。財務諸表って何かっていうと、専門の方はわかるでしょうけど、この株を買いたいなんて、この会社の内容はどうかなんて、この株をまずいから売っちまおうかなんて、思った時に何を手がかりにするかというとこの財務諸表なんですよ。だからね官僚は平気で金を隠すし、ごまかすし、でてこない。

こないだナベツネさんに聞いたんだけどね、「えー」て言ったんですけどタンス預金してる人がいてその額が30兆円あるんですって。その30兆円のうち10兆円が昔懐かしい聖徳大使の一万円札なんだって。それをね、換えずにもっている。この間200億円ある金持ちがうしろめたいし、まずいんで、もう一人の金持ちも140億円あるんだけど新札に換えて欲しいと税理士さんに頼んだらしいんだ。そしたらやってもいいけど手数料は頂きますけど、しかしもっと問題なのはなんでこんなに金が貯まったのか、おそらく査察みたいなのが入って厄介な事になりますてんで止めたって、また旧札で持ってんだって。そういうお金のね(話を)掴んでいながら、金をどうやって引き出して、流通させて国家の為に使うかという事、今の役人は考えられない。自分の使かっている会計制度が間違っているから。

そんなこんなで私達は使える金も使えない。日本の経済は疲弊してきたわけです。

もう一つ安全保障の問題ですが、日本は今どういう状況にあるんですか?回りに北朝鮮、状況証拠からすると、日本から数百人の同胞を拉致していって殺した。そして帰さない。この国がわけのわからない核開発をやっている。その上にあるロシアがですが、かつて条約を破り突然宣誓布告してきて日本の北方領土をかすめ盗ってね。アメリカが早く進駐してくれれば良かったんだがあそこまで手がまわらなっかたんでロシアが入ってきて盗られちゃった。

もう一つこっちにはシナがある。あれシナっていうとみんないやがるんだね。シナのね、この間英語のインターネット見たらシナ人が書いてあるページでシナの事シナとsinaと書いてある。中国というのは岡山県と広島県の事だよ。(笑)なんでね。シナというといやがるのかね。あれは孫文が決めた言葉ですよね。英語でもチャイナでしょ。フランス語でシームでしょ。スペイン語でチムでしょ。ほいでね、日本人だけが中国っていうの。

しかもそのシナがですねな、核を開発してあのタクマラカンとゴビ砂漠で核開発をやった時どれだけの放射能が日本に降ってきました?日本の政府は知って知らないふりして隠したんです。それくらい中国の放射能を放ってきた。今になって福島の原発が放射能を起こすと地域でもね、ヒステリーみたいになってね。変なムーブメントあります。原発の話はこれでしませんがね、いずれにしろ、国境を接っしたり、国境を奪われたり、同胞を殺されている。この3つの国に国境を接していて、相手は核を持っていて日本は持っていない。こんな地政学的な条件におかれている国家が世界にありますか?

日本の防衛をどうするかという問題はこれからますます大事になってきます。ズーとアメリカさんのおめかけさんできたんだから、なんでもお願いする。もうこんな時代は終わらなければいけない。私はやっぱりすごいなーと思ったのはあの沖縄返還をやった時、非核三原則「持たず、作らず、持ち込まず」これ佐藤さんが言い出して断固としてこれは当然だといった。私はこの時、参議員だったので予算委員会で「持たず、作らず、持ち込ませず」はあほの語呂合わせみたいでね、「持たず、作らず、だったら持ち込ませなければダメじゃありませんか」と言ったら「余計な事言うな。これは自民党の党是なんだから批判だったら自民党辞めたまえ」って私、佐藤さんよく知っていたから向こうもね、半分冗談、半分本気で言ったんでしょうが。

その佐藤さんが小笠原諸島を取り戻した時にね。あの時のアメリカのジョンソン大統領に「日本は核を持ちたいんだ。アメリカの協力で持たせてくれ」と言ったんだがアメリカは一応断るんですな。でも非核三原則が出てきても、いざと言う時持ち込むのは当たり前じゃないですか。アメリカの基地はいっぱいあります。飛行機もたくさんあるわけだ。わかすぎけんという私の親友が結局密約でいざという時は黙って持ち込み、日本の政府も認める。

(「持たず、作らず、持ち込まず」)そんなの嘘の話でね、沖縄が返還したときから壁の厚い話でね。私はアメリカをおどかしてある核兵器をみせてもらいました。昔からある。今でもある。そんなもの知って知らぬふりしてればいいんだ。なきゃあ困るだろうこっちは。

|