カテゴリー「「頑張れ日本!」庄内支部」の記事

尖閣衝突事件から1年~頑張れ日本!庄内支部1周年記念講演会

昨年9月に発生した沖縄尖閣諸島沖で中国漁船が海上保安庁の巡視船「よなくに」「みずき」にSengoku38
体当たりしてきた事件から7日で1年がたちました。

その時にインターネットのyou tubeに映像を流出させた一色正春氏と三橋貴明氏、三輪和雄氏を迎え下記日程で「頑張れ日本!全国行動委員会庄内支部1周年記念講演会」を開催致します。

日時  平成23年10月27日(木) (詳しくは右のチラシをクリックして下さい)

場所  酒田市総合文化センター

入場  無料 但し入場整理券が必要です 

尖閣諸島沖での中国漁船追突事件については、皆さんよくご存知でしょうが、少し振り返ります。. その時に中国漁船の船長、詹其雄(せんきゆう)(41)は海上保安官に公務執行妨害で逮捕されました。
その間、中国はあらゆる手を使って、釈放を要求してきました。さらに日本の海上保安船がぶつけたなど、言い始め、賠償まで迫ってきました。また、軍事施設を撮影したフジタ工業の社員を拘束する、レアアースを提供しない、上海万博のSMAPの公演を中止するなど経済、文化交流の停止、一般住民の反日デモなどあらゆる圧力をかけてきました。

日本政府、菅総理、仙石官房長は衝突映像があるので、それを世界に発信し日本の正当性のアピールと、中国に対する抗議が出来たにも拘わらず、その映像を隠してしまいました。そしてその対応は政府がするべきものでした。しかし、その結論は矮小化された問題へと形を変えられ、那覇地検が解決してしまいました。 結局菅直人氏はこの問題に決着をつける事も無く、在任中は「やるだけやった」という自己満足と共にやっと退いてくれました。

皆さんはどのように感じたかわかりませんが、一地検が、「今後の日中関係を考慮して」という国際外交を考える視点から判断は出来ないと思います。

結局今日になっても一色正春氏の流出映像しか出ていません。日本の名誉の為に出した映像により一色氏は起訴猶予処分になり、海上保安官の職を失ってしまいました。(一色正春氏が2011年2月14日(月)、日本外国特派員協会で講演をしました。その映像はコチラをどうぞ)

思えば田母神氏もそうでした。現在経済産業省の官僚、古賀茂明氏も退職勧奨を受けそれでも止めない為に、ひどいいじめにあっています。

何故現在の日本は国の為を想う人達が、辛い立場に追いやられるのでしょうか?政治、経済、外交のいびつさも
この辺に原因があるのではないでしょうか?

どうぞ、10月27日は日本を想う人達の言葉を聞きにご来場下さい。

|

頑張れ日本!全国行動委員会山形県庄内支部設立記念講演会2

前日に引き続き『頑張れ日本!全国行動委員会山形県庄内支部設立記念講演会』の様子を記載致します。

次に、頑張れ日本!関西本部代表、前衆議院議員の西村眞悟先生が登壇されました。まず最初に西村氏は庄内藩士の書いた庄内遺訓=南州翁遺訓(庄内藩士が西郷隆盛から聞いた話をまとめたもの)の本を出し、私は庄内と言うと尊敬の念を持つと言う話をされました。西村氏はこの本を座右の銘にしているとのことでした。庄内遺訓についてはあまりすごいことのように思っていなかったので、熱く語る西村先生にはこちらの方がありがたく、庄内に生まれた事が名誉なことではないかと思いました。

また、私は小沢や輿石を売国奴と言って選挙をした。それで落選したが「名誉ある死」があるように「名誉ある落選」をした。といって笑わせておられました。そして今、自民党も民主党もよってたかって日本をダメにしている。自民党は「日本はいい国だ」と言った田母神氏を更迭した。民主党は自民党をさらに醜悪にした党であり、あれは中国共産党だと言っていました。あの党に入ると誰も、ものが言えなくなる。自由にものが言えなくなるのは中国共産党そのものだと言っていました。そして菅総理も仙石幹事長も共産主義なので中国からみれば非常にいい働きをしている。またAPECで菅総理はメモを見ながら温家宝を見ないで話をしていたが、あれは中国はAPCEの開,開催地横浜や東京、名古屋、大阪などにミサイルを向けて会談にのぞんだのだと言っていました。皆さん「銃を突きつけられながらちゃんとした会談が出来ると思っていますか?」と言っていました。

とにかく早期に自主憲法を作らなければならない。現在ある日本国憲法はアメリカの占領化にあった日本がアメリカから押し付けられた「占領基本法」だ。だから占領軍に逆らはないよう憲法9条があるのだと。そして自主憲法制定の具体的眼目は、自衛隊を国家防衛の軍隊にする=自衛隊を国軍にするということだと言われました。全体的に国を憂いていました。このまま民主党に任せておいてはダメだといった話でした。この時点で時刻は8時50分になっていました。
Photo_3
その後、質問コーナーが設けられ水島氏と西村氏が舞台右側に座り、質問を受けました。2名程で打ち切られましたが、非常にいい質問でした。最後の質問者は西村氏と水島氏と同じ位の年齢で、西村氏はその方に向かって今の年齢(定年退職したぐらいの年齢)は非常によい年齢で暇だ、暇だ、といいながら街宣デモなどの草莽崛起に参加するのが良いと笑わせてくれました。

これで講演会は終わり来場したたくさんの皆さんに非常に感激したとのお言葉を頂きました。

そして皆さんがお帰りになり、後片付けになりました。私達はポスターをはがしたりしているとふいに水島氏が現れ、深くお辞儀をして「ありがとうございました」とおしゃって下さいました。私達は改めて水島氏の人柄と熱い日本を思う心にまた感動してしまいました。このように細やかな人だから人はついていくし、水島氏についていけば美しい日本が見えるのではないかと予言させられました。

その後ホテルで水島氏、西村氏との大盛り上がりのうちあげがありました。その中で水島氏に「この地域でここまで人を集めたのはとてもたいへんだったろうし、それが出来たことは大変素晴らしい」という言葉を頂きました。やってよかった!という感慨が体中を包みました。その夜はいつまでもにぎやかでなかなか更けず、二次会にもつれ込み素晴らしい一夜が静かに過ぎていきました。                        完


|

頑張れ日本!全国行動委員会 山形県庄内支部設立記念講演会

11月25日(木)酒田市総合文化センターで『頑張れ日本!全国行動委員会 山形県庄内支部設立記念講演会』が午後6時30分~(開場5時45分)から開催されました。当日は明るく晴れた晩秋の日でした。開場は400名収容の会場でしたが、おおよそ250名強の来場者がありました。

ご来場者の中には現県会議員の星川純一先生や前仙台市長の梅原克彦氏などがいらっしゃり一言ご挨拶を頂きました。また酒田市議会議員の方も多数いらっしゃっていました。お名前は伏せさせて頂きます。また、日本文化チャンネル桜でも宣伝して頂いたおかげで、各地域からおいで頂きました。わかる範囲で仙台市、山形市、秋田市、天童市、寒河江市、秋田県内からもおいで頂きました。遠い所おいで下さった皆様、本当にありがとうございました。皆さんも今の日本の現状に憂いて、いてもたってもいられなくこの場にいらしゃったという熱意が充分感じられました。また、祝電を上智大学名誉教授で評論家の渡部昇一先生からも頂きました。渡部昇一先生は鶴岡市出身でいらっしゃいます。また近隣においても、庄内町、遊佐町、鶴岡市等々このような熱い思いを抱いた方々ばかりの為、熱をもった素晴らしい会となりました。
話は変わりますが、会場にいらっしゃった皆さんはとっくに気づいていたかもしれませんが11月25日は三島由紀夫が自決してから40年目の憂国忌にあたります。これはねらってこの日に開催しました。三島由紀夫氏についてはまた改めて書きますので今日はこのへんで。

最初に草莽崛起のDVD(街宣デモの様子を映したもの)が15分位あり、次に全員立ち上がり「君が代」の斉唱が行われ講演会が始りました。
Photo_2まず最初に講演されたのは『頑張れ日本!全国行動委員会』幹事長(日本文化チャンネル桜代表)の水島総氏でした。水島氏の話は多岐にわたりましたが、特に現在の政権について菅総理は草の根の市民であるといっているがじつはフロントであると。フロントについてはコチラです。仙石氏も左翼学生運動家だった。民主党は日本をよくしようという考えがない人達の集団である。という事を言っていました。政治家は中国の手先になりさがり日本国民より中国の顔色だけを見て政治をしている。
また大手マスメディア、アサヒ、TBS、フジ、日本放送はすべて20%の株を中国に持たれている。だから中国の都合の悪い内容は報道しないといっていました。特にNHKは渋谷のNHKの敷地内に中国の放送局をいれていて相互提携しているもっとも反日的メディアであるといっていました。その端的なあらわれが中国漁船衝突事件のビデオを公開させることも、させようという意志もない姿勢によく現れていると。

経済界はこの不況下、中国が頼りなので何も言えない。とすれば、政治、経済、メディアはすべて中国によって動かされている。日本は皇紀2600年にわたりこの戦後65年だけがねじれた不名誉な時期であると。自国を自分達の手で守ることもできない歪んだ日本。私ははっきり言います。「日本も核を持つべきである」ここでひときわ大きな歓声と拍手が起こりました。それまでも「そうだ!」とか拍手が起きていましたが核を持つべきだという意見の時に最大の拍手が起きるとは!こんな田舎の政治に無頓着な地域において巻き起こる拍手は、現政権に対する一人の人間としての怒りの声だと私は思いました。

また水島氏は10月2日の尖閣諸島中国漁船衝突糾弾の街宣デモを行ったが、我々は国旗を揚げ他国の国旗を焼く事もなく、窓ガラスを破る事もなく凛としてデモを行こなった。この姿に中国はびっくりした。日本人が本当に総力を決集してきたらたいへんなことになるとわかったのだともおっしゃっていました。政治などに頼る事無く我々自身でやろうという弁舌でまた会場中から盛んな拍手が起こりました。私も水島氏の弁舌を何度も聞いてきましたが、特に今夜は激しく熱のある弁舌だと思いました。                      to be continued

|

頑張れ日本!全国行動委員会山形県庄内支部設立記念講演会

ついに山形県庄内にも「頑張れ日本!全国行動委員会」庄内支部ができる事になりました。これまでサポーターの人数の問題などでなかなか実現する事ができずにいましたが、このたびようやく実現の運びとなりました。
1125

入場料は無料ですが入場整理券が必要ですので必ず持ってきて下さい。詳細はチラシをクリックすると大きくなりますので開場時間、入場整理券の配布先などの確認をお願い致します。その他の問合せは
発起人代表 佐藤昭夫 0234-33-3748
        Eメール nippon2666@brown.plala.or.jp
までお願いします。

この講演の為に、第一回の打ち合わせ会が11月1日にありました。いったい何人の人がくるのか心配して行ったのですがまったくの余計な心配でした。意に反してたくさんの人達がいたのです。びっくりしてしまいました。みなさんが一番怒っていた事はやはり「尖閣諸島の事件に関するビデオ」が公開されないという事でした。

いままで私達は言論の自由、表現の自由は確保されていると信じていました。がそうではなかった。さらに悪い事には国民の中国にたいして悪感情を生まない為に、などという甘言などではなく、実際には中国を怒らせないようにというのが本当のところのようです。田母神氏はフジタ工業の最後の一人はビデオを公開しない事を条件に釈放したのだとおっしゃっていました。

とどのつまり皆さん、中国に憤慨しているのです。そしてその間にはロシアのメドベージェフ氏が国後島に上陸しました。ロシア得意の裏切り行為です。それは前総理の鳩山氏が普天間問題の迷走によりアメリカとの関係が極めて弱いものになった「今」というタイミングで行はれています。

日本は今「危機」なのです。是非当日は文化センターにおいで下さい。庄内でも風を作りましょう!


|